タグ:金刀比羅宮 ( 2 ) タグの人気記事

金刀比羅宮神戸分社

◎神 社 名  金刀比羅宮神戸分社(ことひらぐうこうべぶんしゃ)
◎住  所 〒652-0036 神戸市兵庫区福原町30-5
◎調査月日 2017年1月11日(水)

◎由来など
1888(明治21)年に摂津国八部郡池田村鎮守の金刀比羅神社を移転して、讃岐金刀比羅宮の境外末社となった。

◎祭神など
・大物主神 オオモノヌシノカミ
・崇徳天皇 ストクテンノウ
・武甕槌神 タケミカズチノカミ

◎周辺状況
・商業地域

◎境内面積
見た目 約630㎡

◎社叢の状況
こんな町中にも樹木があるぞ!

◎社叢の見どころ
狭い境内でも手入れの行き届いた樹木。

▼樹木配置図

d0361999_09022546.jpg











▼地図(金刀比羅宮神戸分社へのアクセス)




【参考資料(リンク)wikipedia】

大物主神
崇徳天皇
武甕槌神


[PR]
by shasou373 | 2017-01-11 00:01 | ■ 近畿地域

金刀比羅神社(東京都)

◎神 社 名 :金刀比羅神社(ことひらじんじゃ)

◎住  所:〒113-0033 東京都文京区本郷1-5-11

◎調査月日:平成29年1月7日(土)


◎由来など:

讃岐金刀比羅宮の東京分社。金刀比羅神社は、高松藩松平氏の私祭祠宇として文政2年(1819)創建、明治21年年金刀比羅宮境外末社と改称し神田区和泉町に遷座、明治26年深川区古市場に遷座したという。太平洋戦争により焼失、昭和31年金刀比羅宮東京分社再建用地として元高松藩主松平家より、寛政5年(1793)創建の邸内祠金刀比羅神社の境内地を讃岐本宮に寄進され、再建した。「猫のあしあと」HP一部引用)


◎祭神など:

・大物主命(オオモノヌシノミコト)

・崇徳天皇(ストクテンノウ)


空間位置・面積等・植生など:

西向きの社殿があり、北側には金比羅会館、南側には駐車場がある。敷地は広いが樹木は短い参道の両脇に植栽されている。

手入れは良くされていて樹種も多いが社叢というほどではない。鳥居から社殿に向かって左側にはスギ、キンモクセイ、イチョウ、ソメイヨシノ(50)、イヌマキ、カヤ、ヒサカキ。右側にはイヌマキ、ソメイヨシノ、ナギ、カヤ、イチョウ、スギ、記念樹としてオガタマノキ、イヌマキ、ヒサカキ。社殿の両脇にはヒサカキという配置であった。



▼樹木配置図



d0361999_13570304.jpg

d0361999_17245729.jpg

d0361999_13572657.jpg

▼地図(金刀比羅神社へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】

スギキンモクセイイチョウソメイヨシノ

イヌマキカヤヒサカキナギイチョウ

スギオガタマノキイヌマキ

--

大物主命

崇徳天皇


[PR]
by shasou373 | 2017-01-07 00:05 | ■ 関東地域

「社叢見守り隊」の調査報告を掲載しております。


by shasou373