タグ:諏訪神社 ( 2 ) タグの人気記事

多摩諏訪神社

◎神 社 名玉川諏訪神社(たまがわ すわじんじゃ)

◎住   所〒158-0094 世田谷区玉川3-26-5

◎調査月日:2018(平成30)年2月3日(土)


◎由来など:

神体は木彫に金箔、濃彩の座像とのみいい伝えられる。

創立の年月を伝えず。一説に世田谷吉良家の家臣でこの地の開拓者なる者(川辺氏起立の大先祖寛永9年1632年7月法名教顕院誓誉浄本居士)ある年の夏多摩川大洪水の時、現在地に流れ着いた像を後に至り神体とし、信州の諏訪明神をあがめ勧請したものとのみ伝承されている。この像多摩川上流より流れ着いたので、元の地の方位に向って神祠を西向に建てて祀ったといわれている。

現在吉沢に後裔64家栄えており、元は同族の鎮守であった。祭礼は7月27日である。(せたがや社寺と史跡より)


◎祭神など:

建御名方命(タケミナカタノミコト)


◎空間位置・面積等・植生など:

高速道路などの高架線そばにあり、建物の上に鎮座しているのは洪水対策と思われる。

イチョウやカヤの大径木も有り、区の保存樹木に3本が指定されている。しかし、敷地も狭く駐車場状態に有り、更新させることもできないので植樹による維持か。ナギなども植栽されていた。


▼樹木配置図

d0361999_11150957.jpg
d0361999_11155749.jpg
d0361999_11160210.jpg
d0361999_11160628.jpg


▼地図(多摩諏訪神社へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】

ヤマモモケヤキイチョウキンモクセイカヤ

ツバキムクノキトウネズミモチサカキ

--

建御名方命



[PR]
by shasou373 | 2018-02-03 00:01 | ■ 関東地域

諏訪神社

◎神 社 名 :諏訪神社(すわじんじゃ)

◎住  所:〒654-0054 神戸市須磨区須磨本町1-1-44

◎調査月日:2017(平成29)年5月10日(水)


◎由来など:

創建不詳。

一説では、この神社名の諏訪がなまってスマ(須磨)の地名が付いたとも云われており、古くからの神社と推察される。


祭礼:10月27日(例大祭)


◎祭神など:

建御名方神(タケミナカタノカミ)


周辺状況:

・用途地域:第1種低層住居専用地域(北半分)第2種住居地域(南半分)

・立地:平地、街中


面積:

約1,160㎡(1,030㎡武庫郡誌)

・標高:5.8m


◎社叢の状況(植生など):

【樹冠が面的に広がった樹林地】 あり(クスノキ林)

 D20-50cm:3本、D50+:6本


【胸高直径20 cm以上の樹木および神木・特徴のある樹木等】

d0361999_15272188.jpg

▼樹木配置図

d0361999_15151708.jpg

d0361999_15134249.jpg

◎社叢の状況(植生など):

・東側入口のウバメガシ生垣は4~5mの高さ

・東側北側のウバメガシ生垣は4~5mの高さ

・北側ウバメガシ生垣は3~4mの高さ

・西側南のアラカシ生垣は5m以上の高さ

・西側北のシラカシ生垣は現在造成中で樹冠はまだまばら

・南側に生垣はない

・ウバメガシとアラカシとシラカシの4~5mもあって生垣というには立派すぎる高さと葉の密度はすごい!!圧倒されてしまった

・クスノキに蕾が出て来ている


◎課題・問題点:

広場が駐車場化して、駐車場の中に神社があるという景観


◎その他の所感:

残念なのは、市民の森という看板には「むくのき、ウバメガシ他」とかいてあったのに、ムクノキは1本しかなくクスノキの大木の方が多かった。(看板の写真


d0361999_15142350.jpg

d0361999_15144929.jpg


▼地図(諏訪神社へのアクセス)



(地図中のYahoo Japanのロゴをクリックして頂くと、大きな地図でご覧頂けます)


【参考資料(リンク)wikipedia】

モッコククスノキウバメガシムクノキクロガネモチ

アラカシシラカシ

--

建御名方神


[PR]
by shasou373 | 2017-05-10 00:14 | ■ 近畿地域

「社叢見守り隊」の調査報告を掲載しております。


by shasou373