タグ:稲荷神社 ( 24 ) タグの人気記事

上野毛稲荷神社

◎神 社 名上野毛稲荷神社

◎住   所〒158-0093 世田谷区上野毛3-22-2

◎調査月日:2018(平成30)年2月3日(土)


◎由来など:

通称お稲荷さんとよばれ、玉川の台地末端の稲荷坂の途中にある。

穀物や農業一般をつかさどる神としてまた上野毛の鎮守の神として古くから尊崇されている。

「新編武蔵風土記稿」に「稲荷社除地一畝歩、字橋際の上にあり、上屋二間に九尺、東向なり。中に三尺四方の祠あり由緒不詳と言えども上野毛村の氏神なり」とある。

例大祭は1010日、上野毛周辺地区よりの参詣客が集まり賑わう。

なお、鳥居左側に「菅公一千年祭再建、北野神社」の石碑があり、明治35425日氏子総代によって建てられたものである。(せたがや社寺と史跡より)


◎祭神など:

倉稲魂神(ウガノミタマノカミ)


◎空間位置・面積等・植生など:

二子玉川公園から遠望すると國分寺崖線がみえ、その中腹に鎮座している。崖線下には丸子川が流れている。斜面を整地してあり、南面は斜面林が茂っている中でタブノキの大径木が区の樹木百選に指定されている。

また、社殿右手には神木のアカガシの大木が有る。これも百選に指定されている。社殿背景にはムクノキ、ケヤキ、シラカシ、アカガシなどで構成されている樹林が有り、北斜面にはアカガシやケヤキ、イヌシデを中心とした疎林をなしている。


▼樹木配置図

d0361999_11261595.jpg
d0361999_11270706.jpg
d0361999_11271019.jpg


▼地図(上野毛稲荷神社へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】

アカガシムクノキシラカシケヤキタブノキヒノキ

アカマツスダジイアキニレシロダモイヌシデモッコク

--

倉稲魂神



[PR]
by shasou373 | 2018-02-03 00:02 | ■ 関東地域

深大寺稲荷神社

◎神 社 名 :深大寺稲荷神社

◎住  所〒182-0017 調布市深大寺元町2-3-14

◎調査月日:2017(平成29)年12月2日(土)


◎由来など:

深大寺町又住部落の鎮守であり、縁起創立年月は不詳である。(北多摩神社誌より)


◎祭神など:

・倉稲魂命(ウカノミタマノミコト)


◎空間位置・面積等・植生など:

立木のみの貧相な樹相である。サカキやソメイヨシノなどを植栽してあるが、更新にはほど遠いと思われる。



 ▼樹木配置図

d0361999_11445985.jpg
d0361999_11452002.jpg


d0361999_11451632.jpg


▼地図(深大寺稲荷神社へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】

サクラモミジ(カエデ)/ケヤキイチョウサカキヒノキ

--

倉稲魂命



[PR]
by shasou373 | 2017-12-02 00:05 | ■ 関東地域

柴崎稲荷神社

◎神 名 :柴崎稲荷神社

◎住  所:182-0014 東京都調布市柴崎2-11-4

◎調査月日:2017(平成29)122()


◎由来など:

五穀豊穣の神又安産の神として信仰深く貼付し柴崎の鎮守社である。縁起創立年月ともに不詳であるが、小田原北条氏の時代に境内地並に畑山村等一町歩余り寄進せられたと伝えられている。其の後寛永年間地頭佐橋氏に引渡され、延宝四年中検地がある、境内除地一反五畝歩となったと記されている。1871(明治4)年村社に列せられ、1901(34)年改築した。(北多摩神社誌より)


◎祭神など:

大山咋命(オオヤマクイノカミ)

・菅原大神(スガワラノオオカミ)


◎空間位置・面積等・植生など:

ほぼ南向きの斜面に鎮座している。参道は斜面の階段になっており斜面林と思われる樹林が覆っている。

シラカシやイヌシデ(ソロ)が多いので自然林のようだ。本殿の後方には植栽されたと思われるクスノキが多いがソロも多い。

社叢としてはなんとか見栄えがする。また、社殿社務所西側には整備されたケヤキソロ林が広く広がり「雑木林」的な様相を呈している。


 ▼樹木配置図


d0361999_11102886.jpg
d0361999_11104912.jpg
d0361999_11105480.jpg

▼地図(柴崎稲荷神社へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】

クロガネモチシラカシイチョウアカマツソロ(アカシデ)

クスノキサクラクヌギケヤキミカンヒノキ

マテバシイスダジイ

--

大山咋命

菅原大神(菅原道真)



[PR]
by shasou373 | 2017-12-02 00:02 | ■ 関東地域

豊冨稲荷神社

◎神 社 名 :豊冨稲荷神社(とよとみいなりじんじゃ)
◎住  所:〒651-2144 神戸市西区玉津町小山2丁目15
◎調査月日:2017(平成29)年11月15日(水)

◎由来など:
天保2辛卯年(1831)に「豊鬼の松」から生まれた豊冨稲荷の御神託により、創建されたと言い伝えられている。
平成11年11月に、社殿等を再建竣工。通称「豊冨大明神」。

◎祭神など:
・倉稲魂命(ウカノミタマノミコト)

◎周辺状況:
第1種低層住居専用地域、丘を開いた新興住宅地

◎境内面積:
見た眼では666㎡

◎社叢状況:
新築境内地の為、単木が植栽された段階

◎社叢見所:
将来性に期待!

        ▼樹木配置図

d0361999_15242361.jpg


















d0361999_15241963.jpg









d0361999_15242798.jpg


























▼地図(豊冨稲荷神社へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】

クスノキクロマツクロガネモチシラカシ

--

倉稲魂命


[PR]
by shasou373 | 2017-11-15 00:07 | ■ 近畿地域

平野町慶明の稲荷神社

◎神 社 名 : 平野町慶明の稲荷神社(法人格なし)
◎住  所:〒651-2255 神戸市西区平野町慶明201
◎調査月日:2017年11月15日(水)

◎由来など:
不詳。
古い歴史を持つお稲荷さんだと言われている。
以前は初午の日に「お稲荷さんの餅まき」が行われたという。

◎祭神など:
不詳

◎周辺状況:
市街化調整区域。農耕地集落内の中心

◎境内面積:
見た眼では20㎡

◎社叢状況:
小祠背面には竹林

◎社叢見所:
なし

   ▼樹木配置図

d0361999_14580631.jpg














d0361999_14581130.jpg

















▼地図(平野町慶明の稲荷神社へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】

竹林

--

お稲荷さん(稲荷神)


[PR]
by shasou373 | 2017-11-15 00:03 | ■ 近畿地域

とげぬき稲荷神社

◎神 社 名 :とげぬき稲荷神社
◎住  所:〒651-2253 神戸市西区平野町向井175(西教寺境内)
◎調査月日:2017年10月18日(水)

◎由来など:
創建不詳。
かつては神戸三越百貨店屋上に鎮座(「ふるさと平野」)

◎祭神など:
不詳

◎周辺状況:
市街化調整区域、農耕地

◎境内面積:
見た眼では20㎡

◎社叢状況:

◎社叢見所:
カイヅカイブキの葉っぱの若返り枝葉    

             ▼樹木配置図

d0361999_10585507.jpg













d0361999_10591219.jpg





d0361999_10592727.jpg





















▼地図(とげぬき稲荷神社へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】

カイズカイブキ


[PR]
by shasou373 | 2017-10-18 00:08 | ■ 近畿地域

青木稲荷大明神

◎神 社 名 :青木稲荷大明神(あおきいなりだいみょうじん)
◎住  所:〒651-2264 神戸市西区平野町大畑10-1
◎調査月日:2017年10月18日(水)

◎由来など:
・創建不詳

◎祭神など:
・倉稲魂神(ウカノミタマノカミ)

◎周辺状況:
市街化調整区域,農耕地,老健施設駐車場に囲まれる

◎境内面積:
見た眼では140㎡

◎社叢状況:
アラカシ林とヒイラギ古木にカイヅカイブキ生垣

◎社叢見所:
アラカシ林と小祠

        ▼樹木配置図

d0361999_10410472.jpg


















d0361999_10412005.jpg









d0361999_10413450.jpg

































▼地図(青木稲荷大明神へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】

アラカシヒイラギ

--

倉稲魂神


[PR]
by shasou373 | 2017-10-18 00:04 | ■ 近畿地域

坂本稲荷神社

◎神 社 名 :坂本稲荷神社

◎住  所:〒185-0013 国分寺市西恋ヶ窪1-40

◎調査月日:2017(平成29)年10月8日(日)


◎由来など:

この辺りには縄文時代から住居があったとされ、竪穴式住居などの住居跡も多数発見されている。坂本稲荷神社の創建は、江戸時代の中期である寛政5年。旧恋ヶ窪村の名主や組頭を務めた坂本家により、五穀豊穣、家内安全を祈願して稲荷社が祀られたのが始まりとのこと。

石造りの鳥居は戦後に牛込から移築されたもので、社殿は昭和43年に創建されたものである。

ブログ:「神社と御朱印を巡る男の旅」より


◎祭神など:

・宇迦之御魂神(ウカノミタマノカミ)


◎空間位置・面積等・植生など:

東向きの斜面上に建立されている比較的小さな神社である。

樹木はすべて植栽によるものと推定されるが、社殿背後にアカマツと思われる大径木の切り株が残っている。その背後は駐車場となっていて社叢伐採が推測される。


▼樹木配置図

d0361999_11273520.jpg


d0361999_11283305.jpg

d0361999_11275302.jpg

▼地図(坂本稲荷神社へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】

ヒノキツバキソメイヨシノクスノキツゲスギマツ

--

宇迦之御魂神


[PR]
by shasou373 | 2017-10-08 00:03 | ■ 関東地域

越沢稲荷社及び浅間神社

◎神 社 名 :越沢稲荷社及び浅間神社

◎住  所:〒355-0365 埼玉県比企郡ときがわ町日向根(椚平)

◎調査月日:2017(平成29)年9月2日(土)


◎由来など:

越沢稲荷社・椚平向尾根にある「稲荷神社」の末社のようである。埼玉神社庁発行の「埼玉の神社」によると《越沢稲荷の祭典は、11月23日である。この稲荷様は,失せ物を見つけてくれるので知られ、地内は元より吾野、大野、西平といった近在にまで信仰が広い。物品ばかりか動植物までお願いすると必ず見つけてくれるので、お礼の油揚や魚、お白狐の奉納が絶えない》とある。

また本社の「稲荷神社」は1381(永徳3)年に山城国伏見稲荷大明神の分霊を祀ったのが創建と伝えられる。


浅間神社に関しては詳細は不明であるので、ときがわ町に問い合わせたところ「昭和40年代に「講」解散し、その後も復興の目途は立たず、現在のような状況に至っているようです。決して合祀されたわけではありません」との回答を得ているところである。


◎祭神など:

・越沢稲荷社:宇迦之御魂神(倉稲魂命)(うかのみたまのかみ)等

・浅間神社: 木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみのと)


◎空間位置・面積等・植生など:

越沢稲荷社:南向きの山の斜面に有り、南は果樹畑になっていて、背後はスギ等の植林が主である。特徴は「越沢の大スギ」であろう。解説板には、同じときがわ町の《西平にある萩日吉神社の「子児持杉」に次ぐ大きさで、地面に着くほど垂れ下がった枝に特徴がある。越沢稲荷のご神木として親しまれている。幹周り6.05m(2002年計測)》とある。

浅間神社:同じ南斜面の越沢稲荷社のすぐ南東下にあるが、社殿が荒れていて放置されていた。急傾斜の石段は残っており、一面のスギ・ヒノキの植林地帯の中であるが社殿周囲には大径木のヤマザクラやシラカシなどが生育している


          ▼樹木配置図

d0361999_15073078.jpg
d0361999_15081668.jpg


d0361999_15082107.jpg


d0361999_15083142.jpg


d0361999_15083479.jpg


▼地図(越沢稲荷社及び浅間神社へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】

スギクヌギモミジ(カエデ属)/カキノキモモ

ヒノキサクラシラカシクマザサ

イロハモミジマダケ

--

宇迦之御魂神(倉稲魂命)

木花咲耶姫命


[PR]
by shasou373 | 2017-09-02 00:01 | ■ 関東地域

福寿稲荷神社

◎神 社 名 :福寿稲荷神社(ふくじゅいなりじんじゃ)

◎住  所:〒154-0024 東京都世田谷区若林2-18-1

◎調査月日:2017(平成29)年6月3日(土)


◎由来など:

若林稲荷神社(若林)ともいい、当神社の由緒によれば「当社ヲ福寿稲荷ト云、三反五畝ノ除地ハ明和六年四月地頭ヨリ寄附セリ、神体長サ五寸許、三衣ヲ着シ白狐二跨レリ、彩色ヲ施シ彫工イト巧ミナリ、祭礼九月廿二日、神楽ヲ奏セリ」とある。

1884(明治17)年ころは樹木うっ蒼とし、大木に囲まれた神社であったが、1945(昭和20)年に戦災にあい、現在では銀杏その他十教本の樹木があるのみである。なお神社には「正一位福寿稲荷大明神」と記した縦1.5m、横0.6mほどの古い額があったが、戦災で焼失してしまったという。(『せたがや社寺と史跡』より)


・祭礼は9月7日


◎祭神など:

・倉稲魂命(ウカノミタマノミコト)


空間位置・面積等・植生など:

他の神社のように台地上にある。社殿は立派ではあるが樹木は立木を主体としてであり、社叢としては体をなしていない。ケヤキやクスノキなどがあるが都会の神社の宿命か樹高や枝などはとめられている。


▼樹木配置図

d0361999_11385457.jpg

ケヤキクスノキ


d0361999_11450860.jpg


d0361999_11560362.jpg

▼地図(福寿稲荷神社へのアクセス)




【参考資料(リンク)wikipedia】
--


[PR]
by shasou373 | 2017-06-03 00:04 | ■ 関東地域

「社叢見守り隊」の調査報告を掲載しております。


by shasou373