水神宮

◎神 社 名 :水神宮(すいじんぐう)
◎住  所:〒658-0048 神戸市東灘区御影郡家2丁目
◎調査月日:2018(平成30)年3月21日(水)

◎由来など:
(創建・由緒)此処には文政12年(1829)に私費を投じて住吉川から灌漑用水を引いた平野延輝の威徳を偲び祀った「水神宮」と称した祠があったが、1995年の阪神淡路大震災でその祠は倒壊した。
1998年に平野家から弓弦羽神社へ土地が寄贈され、その後、祠が再建され、同時に敷地内の整備が行われた。

◎祭神など:
・平野延輝

◎周辺状況:
第二種中高層住居専用地域、住宅地

◎境内面積:
見た目では27㎡

◎社叢状況:
樹木はカイヅカイブキとサクラ類

▼樹木配置図

d0361999_13355590.jpg

d0361999_13361431.jpg

d0361999_13362711.jpg

▼地図(水神宮へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】

カイヅカイブキサクラ



[PR]
by shasou373 | 2018-03-21 00:02 | ■ 近畿地域

運河大神宮

◎神 社 名 :運河大神宮(うんがだいじんぐう)
◎住  所:〒653-0022 神戸市長田区東尻池町7丁目3
◎調査月日:2017(平成29)年6月6日(火)

◎由来など:
名前からは兵庫運河に関係した神社であろうと思われるが、祭神、由緒など全くわからない。

◎周辺状況:
工業地域

◎境内面積:
見た目 約60㎡

◎社叢の状況:
狭い境内地に関わらず緑が豊か。

◎社叢の見どころ:
狭い境内地でも緑の社叢になるという良いモデル。

          ▼樹木配置図

d0361999_09562126.jpg

d0361999_09564144.jpg











d0361999_09570520.jpg


▼地図(運河大神宮へのアクセス)


【参考資料(リンク)wikipedia】

--


[PR]
by shasou373 | 2017-06-06 00:03 | ■ 近畿地域

◎神 社 名 :恵比寿神社【三社大神宮】(えびすじんじゃ)

◎住  所:〒654-0055 神戸市須磨区須磨浦通5丁目8-1

◎調査月日:2017(平成29)年5月10日(水)


◎由来など:

創建不詳。

西須磨が漁村として栄えたころは、神前で豊漁感謝の「浦まつり」が行われた。


祭礼:1月10日(例祭)


◎祭神など:

・蛭子命(ヒルコノミコト)

・金毘羅宮(コトヒラグウ)

・猿田彦命(サルタヒコノミコト)

 三神を祀っているので「三社大神宮」とも呼ばれる。


周辺状況:

・海水浴場の砂浜、JR須磨駅海側


面積:

・境内面積:約86㎡

・標高:3.7m


◎社叢の状況(植生など)

【樹冠が面的に広がった樹林地】 なし

 D10-20cm:2本、D20-50:1本、D50+:0本


【胸高直径20 cm以上の樹木および神木・特徴のある樹木等】

d0361999_16352600.jpg


◎神社・社叢の印象・観想:

・漁業や海の家など地域産業の守り神。鳥居に刻まれた年号は昭和26年7月とある。

・海に近い神社とあって黒い恵比寿さんが鯛を抱いて鎮座していた。

・釣竿がしょぼいです(笑)

・須磨駅の改札口を出る、駅のすぐそばの浜砂の中に、南の海を向って本殿が建てられていた。祭神は海を守り、また、漁業をする人達の安全と豊漁を祈願するお宮であると感じた。


◎社叢の問題点あるいは解決すべき課題

この場所なら境内には白砂青松のクロマツが欲しい!



▼樹木配置図

d0361999_15591133.jpg

d0361999_15594980.jpg

d0361999_16001412.jpg

d0361999_16011816.jpg


▼地図(恵比寿神社へのアクセス)


(地図中のYahoo Japanのロゴをクリックして頂くと、大きな地図でご覧頂けます)


【参考資料(リンク)wikipedia】

ウバメガシキンモクセイアオキ(斑入り)

--

蛭子命

金毘羅宮

猿田彦命


[PR]
by shasou373 | 2017-05-10 00:18 | ■ 近畿地域

芝大神宮

◎神 社 名 :芝大神宮(しばだいじんぐう)

◎住  所:〒105-0012 東京都港区芝大門1-12-7

◎調査月日:平成29年3月4日(土)


◎由来など:

旧府社、准勅祭社、東京十社である。

当宮の御鎮座は遠く、寛弘2年(1005)である。もとは芝神明と称されたが、明治元年11月准勅祭社に列し、官幣使の参向があり、ついで明治5年府社に列した。

その時、正式に芝大神宮として官許された。飯倉山芝公園丸山に鎮座したが、慶長3年(1858)に当地に鎮座した。

江戸時代より多くの崇敬者・参詣人を集め、大産土神として上下の崇敬を集め、現在に至っている。(東京都神社名鑑より)

東京十社


◎祭神など:

・天照大御神(アマテラスオオミカミ)

・豊受比売命(トヨウケビメニミコト)


空間位置・面積等・植生など:

当社の歴史、格式は高いが典型的な都会の神社という体をなしている。社殿の下を開け駐車場にしている。しかし、周りには客土して樹木を施し、社叢を維持しようと努力をしているようである。本殿南側に禁足地をもうけてサカキ、サクラ、ヒサカキ、クスなどが育っている。

また、鳥居向かって左手にはかっての枯死した神木があり、社叢もかってかなりあったであろうと思われた。


▼樹木配置図


d0361999_15145975.jpg

サカキサクラヒサカキクスノキ


d0361999_15152816.jpg

d0361999_15155194.jpg


▼地図(芝大神宮へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】

天照大御神

豊受比売命


[PR]
by shasou373 | 2017-03-04 00:02 | ■ 関東地域

「社叢見守り隊」の調査報告を掲載しております。


by shasou373