タグ:東京都/文京区 ( 8 ) タグの人気記事

妻恋神社

◎神 社 名 :妻恋神社(つまこいじんじゃ)

◎住  所:〒113-0034 東京都文京区湯島3-2-6

◎調査月日:平成29年1月7日(土)


◎由来など:

創建年代は不詳。

日本武尊の東征のおり、三浦半島から房総へ渡るとき、大暴風雨に会い、妃の弟橘姫が身を海に投げて海神を鎮め、尊の一行を救ったことを慕い、妻恋神社として創建したという。

境内社の妻恋稲荷神社は、関東総司・妻恋稲荷として有名で、王子稲荷と並んで多くの参詣者を集めたという。(「猫のあしあと」HP一部引用)


◎祭神など:

・倉稲魂命(ウカノミタマノミコト)

・日本武尊(ヤマトタケルノミコト)

・橘姫命(オトタチバナヒメ)


空間位置・面積等・植生など:

社殿は東向きであるが、樹木としてはあまり注目すべきものはないし、社叢としても見られず、植栽樹種が多い。

ヤマモモ、モチノキ、モッコク、アカマツなどが植栽されている。ソメイヨシノ(30)もあった。


▼樹木配置図


d0361999_14420730.jpg

ヤマモモモチノキモッコクアカマツソメイヨシノ


d0361999_14424647.jpg

d0361999_14430786.jpg


▼地図(妻恋神社へのアクセス)


【参考資料(リンク)wikipedia】

倉稲魂命

日本武尊

橘姫命(弟橘媛)


[PR]
by shasou373 | 2017-01-07 00:08 | ■ 関東地域

湯島御霊社

◎神 社 名 :湯島御霊社(ゆしまごりょうしゃ)

◎住  所:〒113-0034 東京都文京区湯島2-11-15

◎調査月日:平成29年1月7日(土)


◎由来など:

旧湯島新花町住人の氏神さま。

通称「畑の稲荷」「大根稲荷」あるいは「新花稲荷」として一般の崇敬篤く、国家守護・皇后御産土神、住民擁護の祟社として東叡山大明院 様によって、京都の御霊神社より御分霊を賜わり、宝永七年(一七一〇)現在地に鎮座した。

その後、土地の人びとが御神徳を崇敬して、産土の神と崇めるようになり今日にいたった。(東京都神社名鑑より)


◎祭神など:

・崇道天皇(スドウテンノウ)

・井上皇后(イノウエコウゴウ)

・伊予親王(イヨシンノウ)

・火雷天神(カライテンジン)

・橘 逸勢(タチバナノハヤナリ)

・吉備大臣(キビダイジン)

・文屋宮田麻呂(フンヤノミヤタマロ)

・藤太夫(トウダユウ)


空間位置・面積等・植生など:

高台の上にあり社殿は東向きである。境内は整ってはいるが社叢とはいいがたい。

社殿の両脇にはクスノキ(各25)、ソメイヨシノの古木2本(60、40)、ヒマラヤスギ(30)、東の鳥居付近にナツミカン、イヌエンジュ、サルスベリなどが植栽されている。


▼樹木配置図


d0361999_14233106.jpg

クスノキソメイヨシノヒマラヤスギ

ナツミカンイヌエンジュサルスベリ


d0361999_14240205.jpg

d0361999_14243874.jpg


▼地図(湯島御霊社へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】

崇道天皇(早良親王)

井上皇后(井上内親王)

伊予親王

橘逸勢

吉備大臣(吉備真備)

文屋宮田麻呂


[PR]
by shasou373 | 2017-01-07 00:07 | ■ 関東地域

三河稲荷神社

◎神 社 名 :三河稲荷神社(みかわいなりじんじゃ)

◎住  所:〒113-0033 東京都文京区本郷2-20-5

◎調査月日:平成29年1月7日(土)


◎由来など:

三州碧海郡上野庄稲荷山の稲荷神社を、天正18年(1590)江戸吹上に奉遷、慶長11年(1606)本郷に遷座した。

本郷の地が町人地となり、氏神として鎮祭、明治23年当地に遷座したという。「猫のあしあと」HP一部引用)


◎祭神など:

・宇迦之御魂命(ウカノミタマノミコト)


空間位置・面積等・植生など:

社殿は西向きであり、相広くない境内には社叢はなく、南側に何本か立木がある。ケヤキ3本(各40)、イチョウ(30)、カキノキ(20)だが上部は伐られていて樹形は保っていない。ヒサカキの植栽もあった。


▼樹木配置図


d0361999_14154052.jpg

ケヤキイチョウカキノキ


d0361999_14162574.jpg

d0361999_14165060.jpg


▼地図(三河稲荷神社へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】

宇迦之御魂命


[PR]
by shasou373 | 2017-01-07 00:06 | ■ 関東地域

金刀比羅神社(東京都)

◎神 社 名 :金刀比羅神社(ことひらじんじゃ)

◎住  所:〒113-0033 東京都文京区本郷1-5-11

◎調査月日:平成29年1月7日(土)


◎由来など:

讃岐金刀比羅宮の東京分社。金刀比羅神社は、高松藩松平氏の私祭祠宇として文政2年(1819)創建、明治21年年金刀比羅宮境外末社と改称し神田区和泉町に遷座、明治26年深川区古市場に遷座したという。太平洋戦争により焼失、昭和31年金刀比羅宮東京分社再建用地として元高松藩主松平家より、寛政5年(1793)創建の邸内祠金刀比羅神社の境内地を讃岐本宮に寄進され、再建した。「猫のあしあと」HP一部引用)


◎祭神など:

・大物主命(オオモノヌシノミコト)

・崇徳天皇(ストクテンノウ)


空間位置・面積等・植生など:

西向きの社殿があり、北側には金比羅会館、南側には駐車場がある。敷地は広いが樹木は短い参道の両脇に植栽されている。

手入れは良くされていて樹種も多いが社叢というほどではない。鳥居から社殿に向かって左側にはスギ、キンモクセイ、イチョウ、ソメイヨシノ(50)、イヌマキ、カヤ、ヒサカキ。右側にはイヌマキ、ソメイヨシノ、ナギ、カヤ、イチョウ、スギ、記念樹としてオガタマノキ、イヌマキ、ヒサカキ。社殿の両脇にはヒサカキという配置であった。



▼樹木配置図



d0361999_13570304.jpg

d0361999_17245729.jpg

d0361999_13572657.jpg

▼地図(金刀比羅神社へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】

スギキンモクセイイチョウソメイヨシノ

イヌマキカヤヒサカキナギイチョウ

スギオガタマノキイヌマキ

--

大物主命

崇徳天皇


[PR]
by shasou373 | 2017-01-07 00:05 | ■ 関東地域

出世稲荷神社(東京都)

◎神 社 名 :出世稲荷神社(しゅっせいなりじんじゃ)

◎住  所:〒113-0033 東京都文京区本郷1-33-17

◎調査月日:平成29年1月7日(土)


◎由来など:

当地付近が春日局の屋敷だった時、邸内鎮守として創建。

春日局が敗軍の将の娘から大奥の権力者へと出世したことから、出世稲荷と称されるようになったという。


◎祭神など:

・宇迦御魂命(ウカノミタマノミコト)


空間位置・面積等・植生など:

社殿は西向きである。境内は斜面地であった。社殿の裏手のスギ、ケヤキ2本(30、40)と文京区の保護樹木指定イチョウの大径木(60)の立木のみ。庭木のような低木(カクレミノなど)の植栽。斜面を利用した滑り台などがあり半ば公園化している。


▼樹木配置図


d0361999_13474940.jpg

スギケヤキイチョウカクレミノ


d0361999_13482532.jpg

d0361999_13484922.jpg


▼地図(出世稲荷神社へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】

宇迦御魂命


[PR]
by shasou373 | 2017-01-07 00:04 | ■ 関東地域

桜木神社

◎神 社 名 :桜木神社(さくらぎじんじゃ)

◎住  所:〒113-0033 東京都文京区本郷4-3-1

◎調査月日:2017(平成29)年1月7日(土)


◎由来など:

太田道灌が江戸城を築城の際、城内に北野天神を勧請、創建したという。二代将軍徳川秀忠の代に旧櫻の馬場の地へ遷座、元禄3年(1690)その地に昌平坂学問所が設立さ れることになったため当地へ遷座した。「猫のあしあと」HP一部引用)


◎祭神など:

・菅原道真公(スガワラノミチザネコウ)


空間位置・面積等・植生など:

社殿は南向きである。今回、巡った中で樹種が一番多い神社であった。境内が都会の中の神社なので狭いが樹木がたくさん植栽されていた。鳥居からの参道にはウメ、サカキ、ヒサカキ、ヒノキ、ヤブニッケイ、ゲッケイジュ、社務所側にはソメイヨシノ、トウネズミモチ、モッコク、ビャクシン、実のなっているウスギモクセイ(キンモクセイ雌株は入っていない)と思われるモクセイ種、拝殿左手にはキンモクセイ、サワラ、ソメイヨシノ(大径木50)、モチノキ、裏手にはムクノキ(大径木60)などだいたい手入れがされているようだ。


▼樹木配置図


d0361999_13322585.jpg



d0361999_13330869.jpg

d0361999_13332759.jpg


▼地図(桜木神社へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】

ウメサカキヒサカキヒノキヤブニッケイゲッケイジュ

ソメイヨシノトウネズミモチモッコクビャクシン(イブキ)

ウスギモクセイ(キンモクセイ)キンモクセイサワラモチノキ

ムクノキ

--

菅原道真公

--

太田道灌

徳川秀忠

昌平坂学問所昌平黌/しょうへいこう)



[PR]
by shasou373 | 2017-01-07 00:03 | ■ 関東地域

元富士神社

◎神 社 名 :元富士神社(もとふじじんじゃ)

◎住  所:〒113-0033 東京都文京区本郷7-2-5

◎調査月日:2017(平成29)年1月7日(土)


◎由来など:

元和(1615~24)のころ、この地は加賀藩主前田利常に賜った。その後加賀屋敷の東部は、富山・大聖寺両支藩の屋敷になった。

明治4(1872)年、三邸とも文部省用地となった。後、大部分が東京大学の校地になった。

明治5(1873)年、町名を本富士町とした。駒込富士神社が元ここにあったからである。(文京区教育委員会掲示より)


◎祭神など:

・木花咲耶姫命(コノハナサクヤビメ)


空間位置・面積等・植生など:

小さな社は南向きであった。ビルとビルの間にある狭い境内であるが、文京区保護樹木のイチョウが社殿の背後にあった。

入り口のソメイヨシノ、中ほどのマテバシイの孤立木のみで子供用の砂場まであるので社叢はない。


▼樹木配置図

d0361999_13232432.jpg
イチョウソメイヨシノマテバシイ


d0361999_13241485.jpg

d0361999_13245031.jpg


▼地図(元富士神社へのアクセス)




【参考資料(リンク)wikipedia】

イチョウマテバシイソメイヨシノ

--

木花咲耶姫命

--

加賀藩

前田利常

赤門(東京大学/加賀藩御守殿門

駒込富士神社



[PR]
by shasou373 | 2017-01-07 00:02 | ■ 関東地域

湯島天満宮

◎神 社 名 :湯島天満宮(ゆしまてんまんぐう)

◎住  所:〒113-0034 東京都文京区湯島3-30-1

◎調査月日:平成29年1月7日(土)


◎由来など:

正平10年(1355)2月郷民が菅公の御偉徳を慕って創建した。

文明10年(1478)太田道灌により修造、天正19年(1591)には徳川家康から朱印地5石を与えられる。江戸時代に入ってからは富くじでも有名になり、上野感應寺(現天王寺)、目黒不動龍泉寺 と共に、江戸の三富と称されていた。東都七福神の一つ。

「猫のあしあと」HP一部引用)


◎祭神など:

・菅原道真公(スガワラノミチザネ)

・天之手力雄命(アメノタヂカラオ)


空間位置・面積等・植生など:

有名な神社なので参拝客も多く、設備も整っている。社殿は南向きである。樹木としては拝殿の右手にクスノキが手厚く保護されている。

梅類は多数の品種の植栽が庭園や社殿の周囲にあるようで、この時期でも開花している個体もあった。

いわゆる社叢と言うものはない。



d0361999_13112239.jpg

▼地図(湯島天満宮へのアクセス)




【参考資料(リンク)wikipedia】

クスノキ

--

菅原道真公

天之手力雄命

富籤(富くじ)


[PR]
by shasou373 | 2017-01-07 00:01 | ■ 関東地域

「社叢見守り隊」の調査報告を掲載しております。


by shasou373