人気ブログランキング |

タグ:天満宮/天神 ( 4 ) タグの人気記事

北野天満神社

◎神 社 名北野天満神社(きたのてんまじんじゃ)

◎住  所〒650-0002 神戸市中央区北野町3-12-1

◎調査月日2018年12月12日(水)


◎由来など:

治承4年(1180)平清盛公が福原の都を造営するにあたって禁裏守護・鬼門鎮護の神として京都北野天満宮を勧請して祀った。(境内の解説版を要約)


◎祭神など:

・菅原道真公(すがわらのみちざねこう)


◎周辺状況:

急斜面、異人館街、山林(第二種中高層住居専用地域)


◎境内面積:

見た目3,800㎡、4,435㎡(界誌)


◎社叢状況

急斜面地に樹木は点在、境内背後に小梅林、背面は山林


◎社叢見所

参道石段左右の緑、社殿前広場からの眺望


▼樹木配置図


d0361999_16465430.gif


d0361999_16470658.gif


d0361999_16471669.gif


▼地図(北野天満神社へのアクセス)




【参考資料(リンク)wikipedia】

クロマツサクラクスノキ

--

菅原道真公

--

平清盛

福原の都(福原京)

北野天満宮

異人館街(北野異人館街/山本通り)


by shasou373 | 2018-12-12 00:09 | ■ 近畿地域

有馬天神社

◎神 社 名 :有馬天神社(ありまてんじんじゃ)

◎住  所:〒651-1401 神戸市北区有馬町1402

◎調査月日:2018(平成30)年11月21日(水)


◎由来など

円融天皇天元二年(979)4月、京都北野天満宮より勧請した。元は市街の西南にあったが、温泉の鬼門除け守護神として現在地へ鎮座した。

温泉街の厄除け神社として篤い信仰を受けており、境内地には天神源泉と呼ばれる有馬温泉の源泉がある。98度の熱湯が噴出し湯けむりをあげており、観光客にも親しまれている。(神戸の神社市内310社案内より)


◎祭神など

・菅原道真公(スガハラノミチザネコウ)


◎周辺状況

傾斜地、温泉街(商業区域)


◎境内面積:

見た目では510㎡


◎社叢状況

社殿背後にスギ小径木列植、右にフジ棚、左境界沿いウメ・シラカシ列植。高木はイチョウとカヤ。


◎社叢見所

イチョウの紅葉を背景とした源泉井戸の湯煙


▼樹木配置図


d0361999_09383918.jpg


d0361999_09390058.jpg


d0361999_09392052.jpg


▼地図(有馬天神社へのアクセス)




【参考資料(リンク)wikipedia】

イチョウカヤスギフジウメシラカシ

--

菅原道真公



by shasou373 | 2018-11-21 00:02 | ■ 近畿地域

網敷天満神社

◎神 社 名 :網敷天満神社(つなしきてんまんじんじゃ)
◎住  所:〒658-0047 神戸市東灘区御影1-22-25
◎調査月日:2018(平成30)年3月21日(水)

◎由来など:
天道根命が別雷大神を御影山手の天神山にお祀りしたことに始まる。
次に聖徳太子が四天王寺建立のため御影山より良質の石を求められた時に蒼稲魂神を合祀した。その後、十三世紀の初めごろ、菅原道真公の九世の孫である菅原善輝公が、道真公のゆかりの深い現在の鎮座地に社を建立し綱敷天満神社と社名を定め、別雷神と蒼稲魂神を合わせ祀った。

◎祭神など:
・菅原道真大神(スガワラミチザネオオカミ)
・別雷大神(ワケイカズチノオオカミ)
・蒼稲魂大神(ウカノミタマノオオカミ)

◎周辺状況:
第二種中高層住居専用地域及ぶ第一種中高層住居専用地域と第一種住居地域、住宅地、川の土手下

◎境内面積:
見た目では4,200㎡

◎社叢状況:
ムクノキ大木林

◎社叢見所:
境内はムクノキに覆われる

▼樹木配置図

d0361999_14144433.jpg

d0361999_14150563.jpg

d0361999_14155333.jpg

▼地図(網敷天満神社へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】

クスノキムクノキマツ

--

菅原道真大神
蒼稲魂大神

--

聖徳太子

四天王寺

--

御影山(御影山手)



by shasou373 | 2018-03-21 00:06 | ■ 近畿地域

若林北野神社(天満宮)

◎神 社 名 :若林北野神社(わかばやしきたのじんじゃ)

◎住  所:〒154-0023 東京都世田谷区若林3-34-16

◎調査月日:2017(平成29)年6月3日(土)


◎由来など:

武蔵国深大寺の住僧長弁花光坊の「私案抄」には、1401(応永8)年に、ここで連歌法楽を興行したことが見え、当時ご神体は石で、石天神と称せられていたという。

江戸時代は牛に乗った天神が御祭神で牛天神といわれ、境内に井戸があり、白蛇が棲んでいると伝えられた。

虫歯の病気に霊験あらたかで、虫歯をやんだ時は天神に祈り、神殿の格子戸にさげた房楊子を借りて治療し、治ったならば新らしい房楊子をあげる習慣があったという。(『せたがや社寺と史跡』より)


◎祭神など:

菅原道真


◎空間位置・面積等・植生など:

天満宮なので社殿の周囲にウメが植栽されている。しかし、社叢とはいえないくらいの貧弱さだ。かって「マツ」の大径木があったようだが伐採されて樹幹が境内に放置されている。氏子組織がどうなっているのか聞き取りはできなかったが、あまり手は加えられてはいないようだ。



▼樹木配置図


d0361999_12430928.jpg


d0361999_13085412.jpg

▼地図(若林北野神社へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】

ウメマツサカキ

--

菅原道真

--

深大寺

--

【参考文献】

私案抄(国会図書館)


by shasou373 | 2017-06-03 00:05 | ■ 関東地域

「社叢見守り隊」の調査報告を掲載しております。


by shasou373