芝熊野神社

◎神 社 名 :芝熊野神社(しばくまのじんじゃ)

◎住  所:〒105-0011 東京都港区芝公園4-7-35

◎調査月日:平成29年3月4日(土)


◎由来など:

増上寺三解脱門をくぐり抜け、右側のクラント松の先の鐘楼堂の右奥に行くと増上寺熊野神社に着く。

熊野神社は社殿はとても小さいですが増上寺の鬼門(北東)を護る鎮守で元和10年(1624年)増上寺の第十三世正誉廊山上人が熊野権現を増上寺鎮守として勧請したらしい。

こちらでは熊野と書いて「ゆや」と読み、手水鉢に神使の八咫烏(やたがらす)が彫られている。鳥居から境内は広いが社殿はとても小さい。

増上寺


◎祭神など:

・家津御子大神(ケツミコノオオカミ)

・大己貴命(オオナムチノミコト)

・伊弉諾尊(イザナギノミコト)


空間位置・面積等・植生など:

社殿や境内は造営新しいが、残っている大直径のクスノキがあるところを見ると、かつてはかなりの社叢があったと考えられるが、現在はさっぱりしている都会の神社の境内である。


▼樹木配置図


d0361999_15262233.jpg


クスノキ


d0361999_15265280.jpg

d0361999_15271669.jpg


▼地図(芝熊野神社へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】

家津御子大神(熊野権現内より)

大己貴命(大国主命)

伊弉諾尊


# by shasou373 | 2017-03-04 00:03 | ■ 関東地域

芝大神宮

◎神 社 名 :芝大神宮(しばだいじんぐう)

◎住  所:〒105-0012 東京都港区芝大門1-12-7

◎調査月日:平成29年3月4日(土)


◎由来など:

旧府社、准勅祭社、東京十社である。

当宮の御鎮座は遠く、寛弘2年(1005)である。もとは芝神明と称されたが、明治元年11月准勅祭社に列し、官幣使の参向があり、ついで明治5年府社に列した。

その時、正式に芝大神宮として官許された。飯倉山芝公園丸山に鎮座したが、慶長3年(1858)に当地に鎮座した。

江戸時代より多くの崇敬者・参詣人を集め、大産土神として上下の崇敬を集め、現在に至っている。(東京都神社名鑑より)

東京十社


◎祭神など:

・天照大御神(アマテラスオオミカミ)

・豊受比売命(トヨウケビメニミコト)


空間位置・面積等・植生など:

当社の歴史、格式は高いが典型的な都会の神社という体をなしている。社殿の下を開け駐車場にしている。しかし、周りには客土して樹木を施し、社叢を維持しようと努力をしているようである。本殿南側に禁足地をもうけてサカキ、サクラ、ヒサカキ、クスなどが育っている。

また、鳥居向かって左手にはかっての枯死した神木があり、社叢もかってかなりあったであろうと思われた。


▼樹木配置図


d0361999_15145975.jpg

サカキサクラヒサカキクスノキ


d0361999_15152816.jpg

d0361999_15155194.jpg


▼地図(芝大神宮へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】

天照大御神

豊受比売命


# by shasou373 | 2017-03-04 00:02 | ■ 関東地域

芝東照宮

◎神 社 名 :芝東照宮(しばとうしょうぐう)

◎住  所:〒105-0011 東京都港区芝公園4-8-10

◎調査月日:平成29年3月4日(土)


◎由来など:

慶長6年(1601)家康公六十歳の時、生存中等身の自像を彫刻させ、自から祭供をなし給い、のち、元和2年(1616)には増上寺観智国師に命じて、同年、安国殿に鎮座させて、永世国家を守護せんと命じた。

その後、徳川家康公の遺訓どおり、社殿造営のことはじまり、翌年3月落成する。土井大炊頭利勝これを奉行した。

その後、寛永11年(1634)模様替あり、同18年さらに社殿を新築する。その構造雄大にして、大正4年国宝建造物に指定せられたが、昭和20年戦災にかかり、灰燼と化した。(東京都神社名鑑より)


◎祭神など:

・徳川家康公(トクガワイエヤスコウ)


空間位置・面積等・植生など:

東向きの社殿で有り、背後には芝丸山古墳が存在する。献木も多いがタブやエノキなどもあり背後の古墳の樹木と相まって社叢ととらえても良いようである。

本殿のほうは一様禁足地のようで一般の参拝者は入れないよう柵などが施されている。社殿に向かって右手の中段には神木である都指定の天然記念物の大銀杏が有り胸高直径は190㎝である。


▼樹木配置図


d0361999_15070046.jpg

タブノキエノキイチョウ


d0361999_15074969.jpg

d0361999_15081982.jpg


▼地図(芝東照宮へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】

徳川家康公


# by shasou373 | 2017-03-04 00:01 | ■ 関東地域

駒ヶ林蛭子神社

◎神 社 名 :駒ヶ林蛭子神社(こまがばやしひるこじんじゃ)
◎住  所:〒653-0043 神戸市長田区駒ヶ林町4-4-1
◎調査月日:2017(平成29)年3月1日(水)

◎由来など:
1690(元禄3)年8月の「八部郡内村村書出帳」下之庄駒ヶ林村の条に「恵比寿社」と記されている

◎祭神など:
・蛭子命(ひるこのみこと)
・大己貴命(おおむなちのみこと)
・八重事代主命(やえことしろぬしのみこと)

◎周辺状況:
準工業地域

◎境内面積:
見た目 約330㎡

◎社叢の状況:
サクラの園

◎社叢の見どころ:
桜花

          ▼樹木配置図


d0361999_09190383.jpg

d0361999_09192004.jpg

d0361999_09194775.jpg

▼地図(駒ヶ林蛭子神社へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】

蛭子命
大己貴命(大国主)
八重事代主命


# by shasou373 | 2017-03-01 00:05 | ■ 近畿地域

三石神社

◎神 社 名  三石神社(みついしじんじゃ)
◎住  所 〒652-0863 神戸市兵庫区和田宮通3-2-51
◎調査月日 2017年3月1日(水)

◎由来など
1722(享保7)年、兵庫の井上八郎右衛門が今和田新田を開発した時に、神社を今和田新田の美地に移し産土神としたが、1906(明治39)年に三菱造船所設立に伴う鉄道用地となるため、現在地に移った。

◎祭神など
・神功皇后(ジングウコウゴウ)
・天照皇大神(アマテラスオオミカミ)
・素戔嗚大神(スサノウノミコト)

◎周辺状況
準工業地域

◎境内面積
見た目 約700㎡

◎社叢の状況
常緑樹

◎社叢の見どころ
常緑樹

          ▼樹木配置図
d0361999_13590411.jpg

















d0361999_13592531.jpg









d0361999_13594442.jpg

























▼地図(三石神社へのアクセス)


【参考資料(リンク)wikipedia】

# by shasou373 | 2017-03-01 00:04 | ■ 近畿地域

「社叢見守り隊」の調査報告を掲載しております。


by shasou373