常久八幡神社

◎神 社 名 :常久八幡神社(つねひさはちまんじんじゃ)

◎住  所:〒183-0005 東京都府中市若松町1-32-1

◎調査月日:2016(平成28)年12月11日(日)


◎由来など:

創建年代等は不詳ながら、多摩川沿岸の柳原(現小柳町5・6丁目、旧常久)に鎮座していたという。多摩川洪水により当地に遷座、常久村の鎮守社だったといい、明治61873年には村社に列格した。(「猫のあしあと」HPより引用)


◎祭神など:

品陀和気命(ホンダワケノミコト)


空間位置・面積等・植生など:

植生など:

本殿のすぐ後ろを甲州街道が走り、本殿の後ろに社叢はなく、スダジイの立木が何本かあるのみである。南からの参道沿いにかってはケヤキの巨木が2本(内1本は神木)あったようで大きな切り株が残されてある(平成23年の台風以後、被害を考慮して伐採されたという)。また、伐採したケヤキで作ったテーブルなども設置されている。ヒノキやイチョウ、スダジイの立木など他の樹種もあるが社叢を形成してはいない。市の植物のサンプル園などもある。


▼樹木配置図


d0361999_11295078.jpg

d0361999_11310695.jpg


d0361999_11311530.jpg


▼地図(常久八幡神社へのアクセス)




【参考資料(リンク)wikipedia】

スダジイサザンカケヤキサクラモッコク

ヒノキヒサカキイチョウフジクスノキ

ヤマモモサルスベリクロガネモチウメサンゴジュ

--

品陀和気命(応神天皇)

--

多摩川

甲州街道



[PR]
# by shasou373 | 2016-12-11 00:06 | ■ 関東地域

滝神社

◎神 社 名 :滝神社(たきじんじゃ)

◎住  所:〒183-0015 東京都府中市清水が丘2-37

◎調査月日:2016(平成28)年12月11日(日)


◎由来など:

創建年代は不詳だが、大国魂神社の境外末社として約600年前に創建したといい、大国魂神社の例大祭にあたっては、神人、神馬がこの滝で身体を清めるという。当社の瀧は立川段丘のハケから水の湧く2ヶ所の内の一つで、地名清水が丘の由来となった他、府中競馬場至近で、騎手等からの崇敬も篤く数多くの色紙が奉納されている。(「猫のあしあと」HPより引用)


◎祭神など:

賀茂別雷命(かもわけいかづちのみこと)

・玉依姫命(たまよりひめのみこと)

・賀茂健角身命(かもたけつぬみのみこと)

・大国魂神社の境外末社


空間位置・面積等・植生など:

崖線にそった斜面林の中にあり、境内は狭いが湧水があるので周囲にはケヤキの古木が複数ある。

神木はそのなかの一本を祭っている。


▼樹木配置図

d0361999_11144581.jpg
d0361999_11153917.jpg


d0361999_11154899.jpg

▼地図(滝神社へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】

ケヤキスダジイムクノキシラカシモミコウヤマキ

シダレザクライチョウモッコクコウヨウザン

--

賀茂別雷命

玉依姫命

賀茂健角身命

--

大国魂神社

末社

立川段丘(武蔵野台地)



[PR]
# by shasou373 | 2016-12-11 00:05 | ■ 関東地域

六所八幡神社

◎神 社 名 :六所八幡神社(ろくしょやはたじんじゃ)

◎住  所:〒183-0016 東京都府中市八幡町2-33

◎調査月日:2016(平成29)年12月11日(日)


◎由来など:

大国魂神社の境外末社である。

創建年代は不詳だが、大国魂神社の末社として古くより祀られていたという。


◎祭神など:

誉田別尊(ほむだわけのみこと)


◎空間位置・面積等・植生など:

神社の敷地はかなり広く、参道も京王線に横切られているがかなり長い。

社殿が祭られているところはこじんまりした神域で新たに造営されたと思われる。

かっての敷石などが一カ所に集められているし、敷地の真ん中にマテバシイが集中的に植栽され、参道に沿ってもヤマモモが植栽されていた。

北面のヒノキ林などをふくめ、社叢が社殿とアンバランス(高年齢の樹木と若年齢の樹木があるため)である。


▼樹木配置図

d0361999_12490869.jpg


d0361999_13015965.jpg

d0361999_13030981.jpg


▼地図(六所八幡神社へのアクセス)




【参考資料(リンク)wikipedia】

マテバシイサクラヒノキヤマモモモミジサクラ

モッコクイヌマキカヤスダジイモミ

--

誉田別尊(応神天皇)

--

大国魂神社

末社



[PR]
# by shasou373 | 2016-12-11 00:04 | ■ 関東地域

妙顕神社

◎神 社 名 妙顕神社(みょうけんじんじゃ)

◎住  所〒183-0023 東京都府中市宮町3-20

◎調査月日2016(平成28)年12月11日(日)


◎由来など:

該当するところは稲荷神社であり、妙顕神社は別にあった。

六所日吉神社の社斜面の下にあり、しゃもじが多数奉納され「おしゃもじさま」と呼ばれているようだ。


◎祭神など:

妙顕大善神


◎空間位置・面積等・植生など:

斜面林の下にあるが社殿は道路との間にあり、社殿被屋のみで見るべき立木もない。

社殿も新たに作られたようなところもあるので道路拡張などで移動したのではないかと思われる。



▼樹木配置図

d0361999_11591108.jpg


d0361999_12002051.jpg


d0361999_12004537.jpg


▼地図(妙顕神社へのアクセス)




【参考資料(リンク)wikipedia】

ヒサカキハナミズキコノテガシワシュロアオキ

--

稲荷神社



[PR]
# by shasou373 | 2016-12-11 00:03 | ■ 関東地域

六所日吉神社

◎神 社 名 :六所日吉神社(ろくしょひよしじんじゃ)

◎住  所:〒183-0023 東京都府中市宮町3-21-1

◎調査月日:2016(平成28)年12月11日(日)


◎由来など:

大国魂神社の境外末社である。

創建年代は不詳だが、大国魂神社の末社として古くより祀られていたという。


◎祭神など:

大国魂神社の境外末社


空間位置・面積等・植生など:

斜面を上がる参道は斜面林を残しているのでよいが、境内は太めの立木が何本かあるのみでがその他の低木類が全くない。

社殿は新しいようだがホームレスが住み着いているようで管理はされてないようである。鳥居の真南の斜面林の中にケヤキの巨木があり、かなり痛んでいるようだ。専門家の手当ではないようなビニールと針金で腐食したところを浸水しないようにしているがかなり破れていて無理なようである。手当が必要と思われる。



▼樹木配置図


d0361999_11314899.jpg


d0361999_11340936.jpg


d0361999_11341503.jpg
痛んだケヤキの巨木


▼地図(六所日吉神社へのアクセス)




【参考資料(リンク)wikipedia】

エノキウバメガシイチョウスズカケノキクヌギ

ケヤキシラカシツバキサザンカタマズサ(カラスウリ)

ヒイラギ

--

大国魂神社

--

末社(境外)



[PR]
# by shasou373 | 2016-12-11 00:02 | ■ 関東地域

「社叢見守り隊」の調査報告を掲載しております。


by shasou373