稲荷神社

◎神 社 名:稲荷神社

◎住  所:〒203-0013 東久留米市新川町1-9

◎調査月日:2018(平成30)年12月1日(土)


◎由来など:

不明(後日「市史などより調査予定」)


◎祭神など:

・叱枳尼真天(だきにしんてん)


◎周辺状況:

住宅の北側の小さな三角地にあり、屋敷神のようなたたずまいで境内はほとんど道路にとられたと思われる。

そのため観るべき樹木等は植栽のサザンカとツバキ以外無いに等しい。



▼樹木配置図

(なし)



d0361999_13235644.jpg


▼地図(稲荷神社へのアクセス)




【参考資料(リンク)wikipedia】

--
叱枳尼真天(茶枳尼天
--


# by shasou373 | 2018-12-01 00:04 | ■ 関東地域

稲荷神社

◎神 社 名:稲荷神社(いなりじんじゃ)

◎住  所:〒203-0023 東久留米市本町1-15

◎調査月日:2018(平成30)年12月1日(土)


◎由来など:

不明(後日「市史などより調査予定」)


◎祭神など:

・叱枳尼真天


◎周辺状況:

黒目川の段丘際にあるが、住宅地の中にあり境内はすべて舗装化してある。そのため、樹木は全くない。社殿は南向きである。



▼樹木配置図

(なし)



d0361999_12030202.jpg


d0361999_12030622.jpg


▼地図(稲荷神社へのアクセス)




【参考資料(リンク)wikipedia】

叱枳尼真天(茶枳尼天
--
黒目川


# by shasou373 | 2018-12-01 00:03 | ■ 関東地域

三講義稲荷神社

◎神 社 名:三講義稲荷神社(さんこうぎいなりじんじゃ)

◎住  所:〒203-0023 東久留米市南沢1-19

◎調査月日:2018(平成30)年12月1日(土)


◎由来など:

不明(後日「市史などより調査予定」)


◎祭神など:

・叱枳真天?


◎周辺状況:

境内の社叢は社殿の付近のヒサカキ、ヒイラギを残し、あとは点在する6本のクヌギの大径木のみを残して伐採されてしまったようである。クヌギの上部は伐られており、一定の高さ(4~5m)でそろえられている。どのような意図でなされたかは不明である。



▼樹木配置図


d0361999_11482315.jpg


d0361999_11510363.jpg

d0361999_11510871.jpg

▼地図(三講義稲荷神社へのアクセス)




【参考資料(リンク)wikipedia】

クヌギヒサカキヒイラギクヌギ

--

・叱枳真天(不明)



# by shasou373 | 2018-12-01 00:02 | ■ 関東地域

南沢氷川神社

◎神 社 名:南沢氷川神社(みなみさわひかわじんじゃ)

◎住  所:〒203-0023 東久留米市南沢3-5-8

◎調査月日:2018(平成30)年12月1日(土)


◎由来など:

当社は落合川上流「沢頭」湧水群のある自然緑地に鎮座し、古くより水の神として奉斎されていたが、部落の開発に伴い、出雲国薮の川の故事にならい、河川を疎通、社殿を建立して氷川大明神と称した。創立年代不詳なるも、現存の棟札によれば、承応3年(1654)2月25日神主栗原宋女輔、久世大和守、地頭神谷与七郎、仝峰屋半之丞、南沢村、田無村、入間村、下新井村総氏子中とあり広範囲の氏子信徒により再建された社である。現社殿は昭和46年9月新築された。

祭神須佐之男命は出雲の男神で、その荒魂は破邪顕正の威力を発揮したまい除災招福、疫病退散、殖産新興の信仰がある。(境内掲示より)

春季例祭4月8日、秋季例祭10月15日(北多摩神道青年会掲示より)

上棟札1枚・加藤清正退治絵馬文政4年(1821)8月奉納(東久留米市指定文化財)、南沢獅子舞(東久留米市指定無形民俗文化財)


◎祭神など:

・須佐之男命(スサノオノミコト)

・櫛稲田姫命(クシイナダヒメノミコト)

・大己貴命(オオムナムチノミコト)


◎周辺状況:

空間位置・面積等・植生など:

北側に落合川が流れており、南からの段丘々陵の支尾根の末端の高まりの上に鎮座している。西側と北側は斜面になっており、東側は道路掘削で切り取られている。社叢は豊かで、武蔵野丘陵地特有の自然林と植栽された樹木とが混交している。神木は大径木のクスノキで階段の上部右側にある。社殿北側の川との斜面にはクヌギを主体としてイヌシデ、ケヤキ、シラカシ等の斜面林となっている。

社殿、境内は社叢で取り囲まれており継続して維持したいものである。


▼樹木配置図


d0361999_11341682.jpg


d0361999_11380136.jpg


d0361999_11375504.jpg

▼地図(南沢氷川神社へのアクセス)





【参考資料(リンク)wikipedia】

ケヤキイヌシデシラカシアラカシムクノキクスノキイロハモミジ

ソメイヨシノスギユズリハクヌギコナラサカキメタセコイアナギ

--

須佐之男命

櫛稲田姫命

大己貴命(大国主命)

--

加藤清正

南沢獅子舞

落合川



# by shasou373 | 2018-12-01 00:01 | ■ 関東地域

湯泉神社

◎神 社 名湯泉神社(とうせんじんじゃ)

◎住  所:〒651-1401 神戸市北区有馬町1908

◎調査月日2018年11月21日(水)


◎由来など:

愛宕山の中腹に鎮座する。

白浜温泉、道後温泉と共に日本三古湯とされる有馬温泉は、大己貴命と少彦名命とが薬草を探し歩いていた時に、傷ついた三羽のカラスが赤い水を浴びているのを見かけ、その傷がたちまち癒えるのを見て強い薬効があることを知り、温泉を開いたと伝えられている。

湯泉神社は、その有馬温泉の中心地に鎮座し、有馬の氏神、温泉の守護神として篤く信仰されている。元はふもとの温泉寺境内に祀られ、湯山三所権現(ゆやまさんしょごんげん)とも称したが、明治16年に現在地に遷座した。(神戸の神社市内310社案内、兵庫県の地名Ⅰより)


◎祭神など:

・大己貴命(オオナムチノミコト)

・小彦名命(スクナヒコナノミコト)

・熊野久須美命(クマノクスビノミコト)


◎周辺状況:

山腹下部のテラス、山林(第二種住居地域)


◎境内面積:

見た目では5,877㎡


◎社叢状況:

社殿の背後にスギ林、境内地南側にスギ・ヒノキ林


◎社叢見所:

スギ・ヒノキ林


▼樹木配置図


d0361999_09554732.jpg


d0361999_09561601.jpg


d0361999_09563682.jpg

▼地図(湯泉神社へのアクセス)




【参考資料(リンク)wikipedia】

スギヒノキサクラ

--

大己貴命大国主)

小彦名命

熊野久須美命

--
--


# by shasou373 | 2018-11-21 00:08 | ■ 近畿地域

「社叢見守り隊」の調査報告を掲載しております。


by shasou373