<   2018年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

寶ノ海神社

◎神 社 名 :寶ノ海神社(たからのうみじんじゃ)
◎住  所:〒655-0892 神戸市垂水区平磯3丁目7
◎調査月日:2018(平成30)年2月21日(水)

◎由来など:
垂水の海の安全と豊漁を祈って、漁業協同組合が建立。

◎祭神など:
・金毘羅大権現(コンピラダイゴンゲン)
・大黒天大神(ダイコクテンオオカミ)
・恵比須大神(エビスオオカミ)

◎周辺状況:
近隣商業地域、平地、旧海岸線 

◎境内面積:
見た目では165㎡

◎社叢状況:
単木が庭木的に管理されている。高木はない。

◎社叢見所:
マテバシイ、アラカシ、クスノキ、イヌマキ、ツバキ、モッコク、ウバメガシなどの常緑樹を植栽。

         ▼樹木配置図


d0361999_18172791.jpg










d0361999_18180052.jpg
























▼地図(寶ノ海神社へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】

マテバシイアラカシクスノキイヌマキツバキモッコク

ウバメガシ常緑樹

--

金毘羅大権現
大黒天大神
恵比須大神



[PR]
by shasou373 | 2018-02-27 00:01 | ■ 近畿地域

西垂水戎神社

◎神 社 名 :西垂水戎神社(にしたるみえびすじんじゃ)
◎住  所:〒655-0028 神戸市垂水区宮本町2
◎調査月日:2018(平成30)年2月21日(水)

◎由来など:
創建不詳。
(伝説) 淡路より葦船に乗った蛭子が浜へ流れ着き、元気に育ち成人した恵比須さんを祀った(「たるみ史跡ガイド」平成14年3月垂水区役所まちづくり推進課)。

◎祭神など:
・祭神不詳

◎周辺状況:
近隣商業地域、平地、住宅地、海岸極近い

◎境内面積:
見た目では99㎡

◎社叢状況:
単木の植栽

◎社叢見所:
マツを植えているところに地域性を感じ取る。

      ▼樹木配置図

d0361999_18213321.jpg























d0361999_18220328.jpg






d0361999_18222955.jpg


















▼地図(西垂水戎神社へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】

マツクロマツクスノキカイヅカイブキ

--

恵比須



[PR]
by shasou373 | 2018-02-22 00:08 | ■ 近畿地域

皇大神社

◎神 社 名 :皇大神社(こうたいじんじゃ)
◎住  所:〒655-0892 神戸市垂水区平磯4-4-20
◎調査月日:2018(平成30)年2月21日(水)

◎由来など:
創建不詳。
古くから播磨国東垂水村の鎮守として祀られている。
昭和55年に老朽化のため社殿を建て替えた。

◎祭神など:
・大日靈貴尊(オオヒルメノムチノミコト)

◎周辺状況:
近隣商業地域、平地、住宅地、JR線南側

◎境内面積:
見た目では320㎡

◎社叢状況:
単木が植栽されている。

◎社叢見所:
街中の緑陰

          ▼樹木配置図


d0361999_18132143.jpg

























d0361999_18135886.jpg










d0361999_18143354.jpg






























▼地図(皇大神社へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】

クロマツゲッケイジュクスノキヤブニッケイエノキ

--

大日靈貴尊天照大神)




[PR]
by shasou373 | 2018-02-22 00:06 | ■ 近畿地域

塩屋若宮神社

◎神 社 名 :塩屋若宮神社(しおやわかみやじんじゃ)
◎住  所:〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町4-14-31
◎調査月日:2018(平成30)年2月21日(水)

◎由来など:
創建不詳。
古くは塩屋の氏神。明治に入って海神社の末社となった(海神社の神事に参加するようになる)。

◎祭神など:
・顕宋天皇(ケンソウテンノウ)
・仁賢天皇(ニンケンテンノウ)
・安閑天皇(アンカンテンノウ)

◎周辺状況:
第1種低層住居専用地域、急斜面のテラス、住宅地

◎境内面積:
見た目では570㎡

◎社叢状況:
社殿に向かって左手背後急斜面地は背丈の高いササと樹木で樹林地

◎社叢見所:
広場のクスノキは高さ3mほどでカットされ、その後萌芽が伸びている。

          ▼樹木配置図


d0361999_17475673.jpg























d0361999_17484107.jpg











d0361999_17495892.jpg


















▼地図(塩屋若宮神社へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】

クロマツクスノキシュロムクノキヤブニッケイササ

--

顕宋天皇
仁賢天皇
安閑天皇



[PR]
by shasou373 | 2018-02-22 00:04 | ■ 近畿地域

海神社

◎神 社 名 :海神社(わたつみじんじゃ)/通称:かいじんじゃ
◎住  所:〒655-0028 神戸市垂水区宮本町5-1
◎調査月日:2018(平成30)年2月21日(水)

◎由来など:
創建不詳。
神功皇后が三韓よりの帰路、暴風怒涛のため御船を進めることが出来なくなったため、ここで綿津見三神を祀ったところ、嵐がおさまった。

◎祭神など:
・底津綿津見神(ソコツワタツミノカミ)
・中津綿津見神(ナカツワタツミノカミ)
・上津綿津見神(ウエツワタツミノカミ)
・大日孁貴尊(オオヒルメムチノミコト)

◎周辺状況:
近隣商業地域、平地、住商業地

◎境内面積:
見た目では6,600㎡

◎社叢状況:
社殿とJR線に間は樹林帯。社殿の東側の境界線沿いにケヤキ多し(造成工事中)。
市民の森:クロマツ、クスノキ、イチョウ、ケヤキ、ウバメガシ、アラカシ、ネズミモチ、マサキ。

◎社叢見所:
かってのマツ林が大きく樹種交代した様。

            ▼樹木配置図


d0361999_18011825.jpg




























d0361999_18094332.jpg






































d0361999_18101493.jpg

















▼地図(海神社へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】

クロマツクスノキイチョウケヤキウバメガシアラカシ

ネズミモチマサキヒマラヤスギクロガネモチ落葉樹

エノキムクノキマツ

--

神功皇后

三韓

底津綿津見神(海神)
中津綿津見神(海神)
上津綿津見神(海神)
大日孁貴尊(天照大神)



[PR]
by shasou373 | 2018-02-22 00:04 | ■ 近畿地域

西舞子六神社

◎神 社 名 :西舞子六神社(にしまいころくじんじゃ)
◎住  所:〒655-0048 神戸市垂水区西舞子1-5-7
◎調査月日:2018(平成30)年2月21日(水)

◎由来など:
創建不詳。江戸時代前期に明石岩屋神社から勧請、山田村の鎮守とした。
当初は「六社大明神」明治の神仏分離令により「六神社」と改称。

◎祭神など:
・伊邪那岐大神(イザナギノオオカミ)
・伊邪那美大神(イザナミノオオカミ)
・天照皇大神(アマテラスノオオカミ)
・素戔男大神(スサノオノオオカミ)
・月夜見大神(ツキヨミノオオカミ)
・蛭子大神(ヒルコノオオカミ)

◎周辺状況:
第2種住居地域、平地、海岸の街道筋

◎境内面積:
見た目では2,600㎡

◎社叢状況:
単木的に配置されている。「市民の木エノキ」あり。

◎社叢見所:
社殿の正面域のクロマツ、社殿の左右域にエノキ、社殿の聖域内にはモチノキ。

          ▼樹木配置図

d0361999_16280924.jpg





















d0361999_16282776.jpg


















d0361999_16284918.jpg



















▼地図(西舞子六神社へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】

クロマツエノキクロガネモチモチノキクスノキ

--

伊邪那岐大神
伊邪那美大神
天照皇大神
素戔男大神
月夜見大神
蛭子大神恵比須)



[PR]
by shasou373 | 2018-02-22 00:02 | ■ 近畿地域

舞子若宮神社

◎神 社 名 :舞子若宮神社(まいこわかみやじんじゃ)
◎住  所:〒655-0047 神戸市垂水区東舞子町11-59
◎調査月日:2018(平成30)年2月21日(水)

◎由来など:
創建不詳。元は六神社の御旅所。
昭和39年7月に当時の国鉄「舞子駅」が高架駅となり、さらに昭和41年9月に西隣の踏切が廃止されたため、若宮神社への神輿渡御が中止となった。
東舞子の氏神、厄除神として崇敬されている。

◎祭神など:
・應神天皇(オウジンテンノウ)
・仁徳天皇(ニントクテンノウ)

◎周辺状況:
第1種住居地域、山陽線の南隣の斜面林の裾野

◎境内面積:
見た目では170㎡

◎社叢状況:
斜面は若齢照葉樹の樹林地でその一角が境内地。マツが一部に残存。

◎社叢見所:
照葉樹の林

           ▼樹木配置図


d0361999_16202110.jpg






















d0361999_16210829.jpg

















d0361999_16212721.jpg





























▼地図(舞子若宮神社へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】

照葉樹林モッコクヒメユズリハモチノキ

クロガネモチウバメガシ

--

應神天皇
仁徳天皇



[PR]
by shasou373 | 2018-02-22 00:01 | ■ 近畿地域

多摩川浅間神社

神 社 名多摩川浅間神社

◎住   所〒145-0071 東京都大田区田園調布1-55-12

◎調査月日:2018(平成30)年2月3日(土)


◎由来など:

文治年間(1185〜9)源頼朝は豊島郡滝野川松崎に出陣した。頼朝の妻政子は夫の身を案じ、多摩川の畔まできた。わらじの傷を治し、傷の治るまで附近を散歩するうちに亀甲山に登ると富士山が見える。富士吉田には自護本尊の浅間神社がある。政子は彼方の浅間神社に頼朝の武運長久を祈り、身につけた正観音像をこの丘に建てた。村人は像を富士浅間大菩薩と呼ぶようになったという。

(「大田区の神社」より)

江戸時代には下沼部村の鎮守となっており、太平洋戦争終戦まで村社に列格、1909(明治42)年に近隣にあった赤城神社を合祀している。


◎祭神など:

木花咲耶姫命


◎空間位置・面積等・植生など:

台地上の古墳群の端にあり、前方後円墳の後円の上に鎮座されている。参拝者も多く見られ、社殿も立派であった。浅間神社なので「冨士塚」形式になっていて樹林はよく手入れされている。背景には公園化した古墳群が控えており杜が続いているようになっている。社殿の周りにはクスノキの大径木が多いが、自然植生と思われるアカガシがあちこちに見られる。


▼樹木配置図

参拝者も多く、社叢も十分に保全されると判断して特に記録は無し。

d0361999_10465554.jpg

d0361999_10465124.jpg

▼地図(多摩川浅間神社へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】

クスノキアカガシ

--

木花咲耶姫命
[PR]
by shasou373 | 2018-02-03 00:06 | ■ 関東地域

尾山台宇佐神社

◎神 社 名 尾山台宇佐神社

◎住  所〒158-0086 世田谷区尾山台2-11-3

◎調査月日:2018(平成30)年2月3日(土)

◎由来など:

例祭は923日、境内末社として稲荷神社(倉稲魂命)御嶽神社(大己貴命・日本武之命・少名彦名之命)を祀る。村内に散在したものを明治年間に合祀したものである。神殿には狐塚から発掘した刀・土器片などを奉納してあるという。

「新編武蔵風土記稿」によると、「除地二段、村ノ中央一字根通リノ内ニアリ、社九尺ニ二間、南向、中二又宮作リノ社アリ、前二鳥居ヲタツ、両柱ノ間七尺、元禄十二年ノ夏、七世精蓮社進誉貞悦ノ時再造セントミエテ、ソノ時ノ棟札アリ、祭礼九月二十三日二行フ、伝乗寺持ナリ、注連引松二株アリ、向ヒテ鳥居ノ右ニアリ、囲尺一丈六七尺モ有ベシ、末社稲荷社向テ右ニアリ、上屋一間ニ一間半、神明社末社ヨリ東北ノ角ノ山ニアリ、南向ナリ」とある。

「新編武蔵風土記稿」に、大塚・字堂ノ上ニアリ、事跡ツマビラカナラズ」とあるものであろう。かつてこれを開墾した際、埴輪・土偶・刀剣の類を出したという。前方後円墳であろうという。(せたがや社寺と史跡より)


◎祭神など:

応神天皇


◎空間位置・面積等・植生など:

台地の南斜面に位置しており、本殿は手狭なためより高い斜面に移遷したと神職の方に聞いた。スダジイを主体とした杜で有り、背景の高み「八幡塚古墳」に続いている。西側にはイヌシデの大径木も何本か有る。立ち入り禁止になっている八幡塚古墳に神職に方の許可を得て登ると、シラカシの巨木の下に石の祠が祀 られていた。あたりはスダジイの大径木が林立してはいるが東側と北側は宅地造成されて浸食されている。


▼樹木配置図

d0361999_11562795.jpg
d0361999_11570871.jpg
d0361999_11570596.jpg

八幡塚古墳


d0361999_11570270.jpg

▼地図(尾山台宇佐神社へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】

スダジイシイイヌシデマテバシイカヤモッコク

ヒサカキシラカシクスノキ

--

応神天皇


[PR]
by shasou373 | 2018-02-03 00:04 | ■ 関東地域

野毛六所神社

◎神 社 名野毛六所神社

◎住   所〒158-0092 世田谷区野毛2-14-2

◎調査月日:2018(平成30)年2月3日(土)


◎由来など:

六所神社は元和年間(1615〜1623)遷座と伝え、古くより上下野毛両部落の鎮守で、上下野毛境にあった。

祭神は伊弉諾尊、伊弉冉尊で、例祭は926日である。

明治31年に村内の末社天祖神社、山際神社、日枝神社、北野神社の4社合祀となり、新たにその祭神天照大神、大山都見之命、大山咋之命、菅原道真を現在地に奉斎した、ただし、合祀社は明治23年に天祖神社に合祀したものを、さらに六所神社に合祀したのである。

「新編武蔵風土記稿」によると、「除地一段五畝、(中略)上屋九尺二間、本社六尺に八尺西向なり」とある。この社は昔洪水のとき、府中の方から流れてきたというので、土地の人は六所明神と崇めて社を草創したという。鳥居も西向きに立て、別当は善養寺であった。


◎祭神など:

伊弉諾尊(イザナギノミコト)

伊弉冉尊(イザナミノミコト)


◎空間位置・面積等・植生など:

台地の末端に位置しており、展望が良い。社殿は南向きである。境内には多摩川水神社も祀られている。鳥居周辺は斜面林を構成している自然林と思われ、保存樹木地に指定されている。クロマツの大径木が多く有り、かっての海岸に近い過去を思わせる。モチノキやケヤキ、シラカシなども生育している。社殿の方は樹木にもクロマツがあるが、植栽と思われるヒノキもあり疎林程度である。


▼樹木配置図

d0361999_11434568.jpg
d0361999_11440922.jpg
d0361999_11440667.jpg

▼地図(野毛六所神社へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】

ヒノキクロマツイロハモミジサカキサルスベリイチョウ

アカマツケヤキソメイヨシノカヤクスノキシロダモ

モチノキキンモクセイイヌマキ

--

伊弉諾尊

伊弉冉尊



[PR]
by shasou373 | 2018-02-03 00:03 | ■ 関東地域

「社叢見守り隊」の調査報告を掲載しております。


by shasou373