<   2017年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

高津橋素盞嗚神社

◎神 社 名:高津橋素盞嗚神社(こうづばしすさのおじんじゃ)
◎住  所:〒651-2122 神戸市西区玉津町高津橋字野谷池西原558
◎調査月日:2017年(平成29)12月20日(水)

◎由来など:
創建不詳。戦前は氏子で「明神講」を組織して神社の行事を運営していた。
その頃は「宮田」があり、宮当番が耕作した。古くは「宮田」の田植えが済まないと他の田植えが出来なかった。

◎祭神など:
・素戔嗚命(スサノオノミコト)

◎周辺状況:
第1種低層住居専用地域

◎境内面積:
見た目では約1,100㎡

◎社叢状況:
境内樹木は多いが樹幹の連なった樹林地はない。

◎社叢見所:
モチノキ雌株の赤い実はほんのり甘い。

      ▼樹木配置図

d0361999_18231433.jpg






















d0361999_18231775.jpg

















d0361999_18232091.jpg

▼地図(高津橋素盞嗚神社へのアクセス)


【参考資料(リンク)wikipedia】

サクラモチノキモッコクスギヒノキ

ヒマラヤスギサカキカナメモチ

--

素戔嗚命


[PR]
by shasou373 | 2017-12-24 00:02 | ■ 近畿地域

磐長神社(今津神社)

◎神 社 名磐長神社(今津神社)いわながじんじゃ(いまづじんじゃ)
◎住  所〒651-2128 神戸市西区玉津町今津字万願寺364-55
◎調査月日2017年(平成29年)12月20日(水)

◎由来など
創建不詳。祭神が女神なので、境内では暴れてはいけない。大正初期に相撲が行われたことがあったが、この言い伝えのため境内から出たところで相撲が行われた。

◎祭神など
・大山祇神(オオヤマツミノカミ)
・磐長大神(イワナガオオカミ)
・木花開咲耶姫命(コノハナサクヤヒメノミコト)
・姫命(ヒメミコト)

◎周辺状況
第1種低層住居専用地域

◎境内面積
見た目では約560㎡

◎社叢状況:
境内樹木は多いが樹幹の連なった樹林地はない。

◎社叢見所:
注連縄神木スギは若齢だが前に「大杉社」の石祠がある。

        ▼樹木配置図

d0361999_18200680.jpg






















d0361999_18201259.jpg


















d0361999_18201670.jpg

▼地図(磐長神社(今津神社)へのアクセス)



[PR]
by shasou373 | 2017-12-24 00:01 | ■ 近畿地域

水谷若宮神社

◎神 社 名 :水谷若宮神社(みたにわかみやじんじゃ)
◎住  所:〒651-2121 神戸市西区玉津町水谷3丁目1-1
◎調査月日:2017(平成29)年12月20日(水)

◎由来など:
創建不詳。
水谷は櫨谷町松本から分かれた。松本、二ツ屋、水谷は元は同じ神社だった。

◎祭神など:
・顯宗天皇(ケンソウテンノウ)
・仁賢天皇(ニンケンテンノウ)

◎周辺状況:
第1種低層住居専用地域

◎境内面積:
見た目で約390㎡

◎社叢状況:
樹冠の連なった樹林地は無く単木樹木。

◎社叢見所:
ヒイラギ古木の白い花

      ▼樹木配置図

d0361999_19265662.jpg


















d0361999_19281841.jpg














d0361999_19285301.jpg














▼地図(水谷若宮神社へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】

ウバメガシケヤキクスノキヒイラギスギ

モッコククロマツ

--



[PR]
by shasou373 | 2017-12-20 00:08 | ■ 近畿地域

出合宗賢神社

◎神 社 名 :出合宗賢神社(であいしょうけんじんじゃ)
◎住  所:〒651-2137 神戸市西区玉津町出合字辰間ヶ坪257 
◎調査月日:2017(平成29)年12月20日(水)

◎由来など:
創建不詳。
本殿北側に竹槍用の竹藪あり。楼門から南に約100メートルに鳥居がある。
この間を馬場として秋祭りには「馬かけ神事」が行われていた。

◎祭神など:
・顯宗天皇(ケンソウテンノウ)
・仁賢天皇(ニンケンテンノウ)

◎周辺状況:
第1種低層住居専用地域

◎境内面積:
見た目では約1,830㎡

◎社叢状況:
竹林を中心として樹林地を構成する。

◎社叢見所:
ムクノキ、エノキ、アキニレに常緑のイヌマキが目立つ。

        ▼樹木配置図

d0361999_18353319.jpg



















d0361999_18353602.jpg





















d0361999_18354424.jpg























▼地図(出合宗賢神社へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】

クスノキエノキアキニレムクノキイヌマキ

サクラクロガネモチマダケ

--

顯宗天皇
仁賢天皇


[PR]
by shasou373 | 2017-12-20 00:07 | ■ 近畿地域

神本神社

◎神 社 名 :神本神社(こうもとじんじゃ)
◎住  所:〒651-2138 神戸市西区玉津町吉田字城山900 
◎調査月日:2017(平成29)年12月20日(水)

◎由来など:
明石城初代藩主小笠原忠政公より元和五年(1619)に社領田三反歩が寄進され、元和七年(1621)明石郡林崎庄吉田村に「神本大明神」として祭祀された。
明治七年村社に列せられ、「神本神社」となる。

◎祭神など:
・伊弉諾尊(イザナギノミコト)
・伊弉冊尊(イザナミノミコト)
・国常立尊(クニトコタチノミコト)
・大日孁女命( オオヒルメノミコト)

◎周辺状況:
第1種低層住居専用地域

◎境内面積:
見た目では4,000㎡

◎社叢状況:
社殿背後はアベマキ林、社殿前の斜面に植栽木多し。

◎社叢見所:
手水舎の後ろの大木ユーカリ、石段左右一対のツガ。

           ▼樹木配置図


d0361999_18322122.jpg

























d0361999_18322773.jpg
























d0361999_18323241.jpg






























▼地図(神本神社へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】

ユーカリイヌマキケヤキツガクスノキアカマツ

ヒノキイチョウモッコクアベマキカキノキアキニレ

--

伊弉諾尊
伊弉冊尊
国常立尊
大日孁女命
天照大神

小笠原忠政公小笠原忠真)


[PR]
by shasou373 | 2017-12-20 00:06 | ■ 近畿地域

森友宗賢神社

◎神 社 名 :森友宗賢神社(もりともそうけんじんじゃ)
◎住  所:〒650-2132 神戸市西区玉津町森友字見山90 
◎調査月日:2017(平成29)年12月20日(水)

◎由来など:
創建不詳。
森友は明石川堤防上の三木街道沿いに開けた村で、江戸時代には三軒茶屋があったらしい。

◎祭神など:
・素戔嗚命(スサノオノミコト)
・顯宗天皇(ケンソウテンノウ)
・仁賢天皇(ニンケンテンノウ)

◎周辺状況:
第1種住居地域

◎境内面積:
見た目では約240㎡

◎社叢状況:
樹幹の連なった樹林地はない。地際で切ってある根株や大木枯木がある。

◎社叢見所:
今昔の写真比較

           ▼樹木配置図

d0361999_18260969.jpg





















d0361999_18285750.jpg













d0361999_18262477.jpg











d0361999_18262856.jpg















▼地図(森友宗賢神社へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】

アラカシイロハモミジサクラクスノキ

カイヅカイブキ

--

素戔嗚命
顯宗天皇
仁賢天皇



[PR]
by shasou373 | 2017-12-20 00:04 | ■ 近畿地域

虎狛神社

◎神 社 名 虎狛神社(こはくじんじゃ)

◎住  所〒182-0016 調布市佐須町1-14-3

◎調査月日:2017(平成29)年12月2日(土)


◎由来など:

崇峻天皇二年己酉八月初て祭事あることを延喜式神名帳に掲載してある。

武蔵国多摩郡八座の内で虎柏神社と称されたとも伝わる。往古官祭の由緒を以て前の旧地頭より毎年祭典料下渡があった。

明治六年郷社に列せられる。(北多摩神社誌より)


◎祭神など:

・大歳御祖神(カムオオイチヒメ)

・稲蒼魂命(ウカノミタマノミコト)


◎空間位置・面積等・植生など:

境内は広く、かっての武蔵野の様相を見せており、「雑木林」のようになっている。

本殿周囲は幼樹も有り、適時育林すれば良い社叢として成立すると思われる。本殿は文化財になっており、保護されているようではあるが、境内の中には大きな切り株(おそらくはシラカシ類)もあり、周囲から住宅が迫る中、社叢の方も何らかの手を打つ必要があるのではなかろうか。



 ▼樹木配置図(調査に時間が無く未記入)



d0361999_11553827.jpg


d0361999_11555644.jpg


d0361999_11570194.jpg

▼地図(虎狛神社へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】

大歳御祖神(神大市比売)

稲蒼魂命(倉稲魂命)



[PR]
by shasou373 | 2017-12-02 00:06 | ■ 関東地域

深大寺稲荷神社

◎神 社 名 :深大寺稲荷神社

◎住  所〒182-0017 調布市深大寺元町2-3-14

◎調査月日:2017(平成29)年12月2日(土)


◎由来など:

深大寺町又住部落の鎮守であり、縁起創立年月は不詳である。(北多摩神社誌より)


◎祭神など:

・倉稲魂命(ウカノミタマノミコト)


◎空間位置・面積等・植生など:

立木のみの貧相な樹相である。サカキやソメイヨシノなどを植栽してあるが、更新にはほど遠いと思われる。



 ▼樹木配置図

d0361999_11445985.jpg
d0361999_11452002.jpg


d0361999_11451632.jpg


▼地図(深大寺稲荷神社へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】

サクラモミジ(カエデ)/ケヤキイチョウサカキヒノキ

--

倉稲魂命



[PR]
by shasou373 | 2017-12-02 00:05 | ■ 関東地域

◎神 青渭神社(あおいじんじゃ)

◎住  所:〒182-0017 調布市深大寺元町5-17-10

◎調査月日:2017(平成29)122()


◎由来など:

創立年月日は不詳であるが、往古(三千年~四千年以前)先住民が水をもとめ居住した際、その生活に欠くことの出来ない水を尊び、祠を建て水神を祀ったものと伝えられている。御祭神は水波能売大神・青渭押比売命、又一説には社前大池に棲む蛇を祀ったとも云われている。

神社明細帳等によれば、当社は延喜式神明帳所載武蔵国多摩郡八座の内にて、官祭の社で重き御社であったと伝えられている。往古は社前におよそ五町歩余の境内地があり、大池に混々と湧水あり、音波をたたえていた所から、青波天神杜とも称された。旧深大寺町の総鎮守である。尚杜前に槻 の老樹がそびえ、市内随一の巨木で、調布市文化財天然記念物に指定されている。(北多摩神道青年会掲示より)


◎祭神など:

青渭押比売命

・水波能売大神


◎空間位置・面積等・植生など:

神職も常駐している立派な神社で有り式内社である。本殿の周りに立ち入らないよう柵を設けてあり、樹林の更新には適切であろう。また、鳥居脇にはケヤキの巨木が有り,市の天然記念物になっている。


案内板には下記の記述がある。

d0361999_13203089.png


▼樹木配置図:

社叢を維持して行くには十分な配慮がなされていると思われるので記録無し


d0361999_11380212.jpg


d0361999_11380619.jpg


▼地図(青渭神社へのアクセス)




[PR]
by shasou373 | 2017-12-02 00:04 | ■ 関東地域

池ノ上神社

◎神 池ノ上神社

◎住  所〒182-0013 東京都調布市深大寺南町4-2-9

◎調査月日:2017(平成29)122()


◎由来など:

深大寺町絵堂部落の鎮守であるが、縁起創建年月は不詳である。深大寺別当が管理し、明治以降、神職が祭典奉仕を行った。

明治40年6月部落内稲荷神社他二社を合祀する。(北多摩神社誌より)


◎祭神など:

倉稲魂命(ウカノミタマノカミ)


◎空間位置・面積等・植生など:

社叢としては成立してはいない小さな神社ではあるが、胸高直径167㎝のケヤキの巨木がある。僅かな本数の立木もみな大径木であり、かっては社叢もあったのであろう。裏手に中央自動車道が通り、そのため削られてしまったようである。


 ▼樹木配置図


d0361999_11213500.jpg


d0361999_11220097.jpg


d0361999_11220429.jpg

▼地図(池ノ上神社へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】

ソロ(アカシデ)ケヤキツバキアラカシ

--

倉稲魂命



[PR]
by shasou373 | 2017-12-02 00:03 | ■ 関東地域

「社叢見守り隊」の調査報告を掲載しております。


by shasou373