有馬稲荷神社

◎神 社 名有馬稲荷神社(ありまいなりじんじゃ)

◎住  所〒651-1401 神戸市北区有馬町1745

◎調査月日2018(平成30)年11月21日(水)


◎由来など

射場山の中腹に鎮座する。欽明天皇・孝徳天皇(630~670)有馬温泉行幸の際、有馬字杉が谷に有馬行宮(杉が谷行宮)が道営された。この有馬行宮の守護神として稲荷大神を勧請した。以来、皇室の崇敬厚く、慶応四年(1868)五月九日、有栖川宮家の御祈願所となる。元はこの行宮跡に鎮座していたが、明治三十七年五月九日に現在の場所に移転した。(神戸の神社市内310社案内より)

氏子というのは無く、崇敬者によって維持している。(神戸の民俗芸能より)


◎祭神など

・稲倉魂命(ウカノミタマノミコト)


◎周辺状況

山腹斜面のテラス、山林(市街化調整区域)


◎境内面積

見た目では9,900㎡


◎社叢状況

社殿背面はヒノキ林、広場にスギ、ツガ、ユズリハ


◎社叢見所

スギ神木は小径だが拝殿前左右の好位置に生育


▼樹木配置図


d0361999_09522491.jpg


d0361999_09524127.jpg


d0361999_09530592.jpg


▼地図(有馬稲荷神社へのアクセス)




【参考資料(リンク)wikipedia】

スギコナラカエデイロハモミジマツツガユズリハヒノキ

--
--


[PR]
by shasou373 | 2018-11-21 00:07 | ■ 近畿地域

「社叢見守り隊」の調査報告を掲載しております。


by shasou373