雪国稲荷神社

◎神 社 名 :雪国稲荷神社(ゆきぐにいなりじんじゃ)

◎住  所:〒651-1401 神戸市北区有馬町353-1

◎調査月日:2018(平成30)年11月21日(水)


◎由来など:

境内にある由緒碑には次のように記されていたが。明治40年10月25日。有馬稲荷神社神官15代児玉繁太夫(平信正)が、明治40年神無月25日、稲荷大明神の大神さまよりそのお告げを賜り、雪国稲荷神社と銘記しました。ここ有馬上之町は、カミのチョウ名の如く、神之町当地の中ほどにある水天宮(大己貴神)の神地であります。神の地は湧き出る清水の里として此の処が神霊泉、有馬の中心地であり、神の鎮まる地であります。この町の入口が門の切であり、その守護神として雪国大明神が鎮座し、その献族さまとして時國大明神(右)石名大明神(左)をお祀りしています。有栖川宮御祈願所 有馬稲荷神社社記。 


◎祭神など:

・雪国大明神(ユキグニダイミョウジン)


◎周辺状況:

傾斜地、温泉街の住宅地(商業地域)


◎境内面積:

見た目では60㎡


◎社叢状況:

狭い境内地でサカキ低木のみ


▼樹木配置図


d0361999_09444676.jpg


d0361999_09464719.jpg


d0361999_09470259.jpg


▼地図(雪国稲荷神社へのアクセス)




【参考資料(リンク)wikipedia】

サカキ




by shasou373 | 2018-11-21 00:04 | ■ 近畿地域

「社叢見守り隊」の調査報告を掲載しております。


by shasou373