神明神社(神明宮)

◎神 社 名:神明神社(神明宮)(しんめいじんじゃ)

◎住  所:〒270-0174 流山市下花輪739

◎調査月日:2018(平成30)年10月6日(土)


◎由来など:

創建は不詳。

境内には、板碑型の十九夜塔、庚申塔などの江戸時代の石造物がある。(掲示板より)

旧村社で現在は神社本庁包括。


◎祭神など:

・大日孁命(大日霊貴命)(オオヒルメムチノミコト)


◎周辺状況:

ムクロジ、イヌシデ、ムクノキ、エノキ、ケヤキなどの大径木がある。下総台地の崖線の緑地と連なる。かなりシュロが入っており、社殿右側はタケが入り荒れている。社殿裏の斜面地は一部伐開されて、スダジイ、シラカシ、シロダモなどの稚樹が生え始めている。


▼樹木配置図


d0361999_15340321.jpg


d0361999_15342326.jpg


d0361999_15341947.jpg


▼地図(神明神社(神明宮)へのアクセス)




【参考資料(リンク)wikipedia】
--
大日孁命(天照大神)


[PR]
by shasou373 | 2018-10-06 00:06 | ■ 関東地域

「社叢見守り隊」の調査報告を掲載しております。


by shasou373