神出神社

◎神 社 名 :神出神社(かんでじんじゃ)
◎住  所:〒651-2311 神戸市西区神出町東1180
◎調査月日:2018(平成30)年10月16日(火)

◎由来など:
明石平野の北方にそびえ立つ、神出富士と呼ばれる雌岡山(249メートル)の山上に鎮座する。社伝記によると、素戔嗚命、奇稲田姫命がこの雌岡山に降臨し、薬草を採取して住民の病苦を救い、禁厭(まじない)を教えて厄災を祓い、農耕を指導奨励して生活の安定を図るなど、多くの業績により住民から篤く尊敬された。二神の間に多くの神々が生まれ、大己貴命もこの地で誕生したという。このことから、この地を「神出」と呼ぶようになった。
第51代平城上皇が諸国をご巡幸された大同四年(809)9月9日、この地に立ち寄られ、神代の言い伝えを聞き、昔を偲んで三柱の神を勧請した。(神戸の神社市内310社案内より)
地元では、天上から天くだりした大己貴の神が、雌岡山の山上に降り立って、181社の神々を生んだので、この山のふもとの里に「神出」という名前が付いた。と言われているようだ。(神戸の伝説、神出むかし物語、神戸の町名などによる)

◎祭神など:
・素戔嗚命(スサノヲノミコト)〔牛頭天王〕
・奇稲田姫命(クシイナダヒメノミコト)
・大己貴命(オオナムチノミコト)

◎周辺状況:
雌岡山の山頂、山林、農耕地、溜池 (市街化調整区域)

◎境内面積:
見た目では雌岡山の山頂部と南斜面の参道

◎社叢状況:
雌岡山は、南面から山頂部はカゴノキの多い照葉樹の半自然林の様子で、北面はスギ・ヒノキ人工林が見られる。

◎社叢見所:
群生するカゴノキ

▼樹木配置図

d0361999_14320015.jpg


d0361999_14330961.jpg


d0361999_14333613.jpg

▼地図(神出神社へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】
--
素戔嗚命
奇稲田姫命
大己貴命(大国主命)
--
雌岡山(めっこうさん)
平城上皇(806年〜809年)
大同年間(806年〜810年)


[PR]
by shasou373 | 2018-10-16 00:16 | ■ 近畿地域

「社叢見守り隊」の調査報告を掲載しております。


by shasou373