印路大年神社

◎神 社 名 :印路大年神社(いんじおおとしじんじゃ)
◎住  所:〒651-2266 神戸市西区平野町印路字畑屋敷166
◎調査月日:2018(平成30)年9月26日(水)

◎由来など:
元は谷崎一族の守護神社であった。印路地区には、大谷一族、谷河一族も住んでいて、それぞれが守護神社を祀っていたが、神社併合令により、明治39年に谷崎一族の神社に合祀した。
以来、神社の維持管理は三族が務めている。社殿は明治44年に再建、昭和35年に大修理を行った。

◎祭神など:
・猿田彦大神(サルタヒコノオオカミ)
・稲荷大神(イナリオオカミ)
・年徳神(トシトクノカミ)
・大己貴神(オオナムチノカミ)
・若宮大神(ワカミヤオオカミ)
・天照大神(アマテラスオオカミ)

◎周辺状況:
山麓、農耕地集落上端(市街化調整区域)

◎境内面積:
見た目では580㎡

◎社叢状況:
山麓のアラカシ林の中に鎮座

▼樹木配置図

d0361999_13341254.jpg


d0361999_13343707.jpg


d0361999_13345589.jpg

▼地図(印路大年神社へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】
--
猿田彦大神
稲荷大神
年徳神(年神)
大己貴神(大国主)
天照大神


by shasou373 | 2018-09-26 00:06 | ■ 近畿地域

「社叢見守り隊」の調査報告を掲載しております。


by shasou373