天神社・ 野々宮神社

◎神 社 名 :天神社・ 野々宮神社(てんじんじゃ/ののみやじんじゃ)
◎住  所:〒350-1244 埼玉県日高市野々宮146
◎調査月日:2018(平成30)年5月5日(土)

◎由来など:

 創立年代は不詳であるが、社家の古文書によると大宝3年(703)社殿修築という記述があって、口碑、伝説などがら推察するとがなりの古社と考えられる。慶安2年(1649)徳川家光から賜わった社領45斗の安堵状なども保存されている。

 野々宮神社は関東地方では珍しく、狭山市に一社あるほかは近隣にはない。祭神や高麗川のほとりにあることや、拝殿内の絵馬に、奉献「太祓一万度」とあるところなどから、潔斎の宮・お祓いの神であり、京都嵯峨か紫野の野宮の分祠と考えられる。

 例大祭は、毎年10月9日で、この際奉納される獅子舞は近隣のものに比へて勇壮で美しく、特に蛇をのむくだりは、他に例を見ないものである。(日高市掲示より)


◎祭神など:
天神社
菅原道真公(スガハラノミチザネ)

野宮神社
・天照大神(アマテラスオオミカミ)
・瓊々杵尊(ニニギノミコト)
・猿田彦命(サルタヒコノミコト)
・倭姫命(ヤマトヒメノミコト)


◎周辺状況: 

 野宮神社と天神社はすぐそばにある。

天神社:

高麗川左岸の高台にあり、ヒノキの植林の中にあるが、北側にはケヤキの巨木の伐採痕が、また小さな社殿の東側にもシラカシと思われる大径木の伐採痕がある。しかし、神社の規模からいって「屋敷神」の可能性もある。


野宮神社:

社殿は東を向いており歴史的には古さを感じられるが、背後の社叢はヒノキの植林で有り、30~40年生だろうと思われる。社殿はスギの大径木に半分囲まれており、正面左右にはソメイヨシノの大径木がある。境内には相撲場が設えてあり、力石も保存されている。参道は長く東に延びており、スギの大径木とおもわれる径1mほどの伐採痕が3つ残っている。


▼樹木配置図


d0361999_17310294.jpg


d0361999_11261173.jpg
天神社


d0361999_11263018.jpg


d0361999_11262765.jpg


d0361999_11262378.jpg
野々宮神社



▼地図(天神社へのアクセス)




▼地図(野々宮神社へのアクセス)




【参考資料(リンク)wikipedia】

ヒノキケヤキシラカシ

スギウメソメイヨシノサクライチイキンモクセイ

--

菅原道真公

徳川家光

--

高麗川

屋敷神


[PR]
by shasou373 | 2018-05-05 00:03 | ■ 関東地域

「社叢見守り隊」の調査報告を掲載しております。


by shasou373