走水神社

◎神 社 名 :走水神社(はしうどじんじゃ)
◎住  所:〒650-0022 神戸市中央区元町通5-6-1
◎調査月日:2018(平成30)年6月20日(水)

◎由来など:
菅原道真公が太宰府に左遷される時にこの地に立ち寄られ、百姓、漁民と交流された。その徳と温情を偲んだ村人が祠を建立し、篤く祀ったのが起源と伝える。
明治8年、近隣の八幡社を合祀し、旧走水村の地名をとって「走水神社」を創建した。
社殿等は昭和20年の空襲ですべて焼失。昭和33年6月に再建した。

◎祭神など:
・菅原道真公(スガハラノミチザネコウ)
・天照皇大大神(アマテラシマススメオオカミ)
・応神天皇(オウジンテンノウ)

◎周辺状況:
商業地域。元町本通商店街のすぐ裏。

◎境内面積:
見た目では550㎡

◎社叢状況:
樹林地なし

▼樹木配置図


d0361999_09482857.jpg


d0361999_09484893.jpg


d0361999_09493324.jpg

▼地図(走水神社へのアクセス)




【参考資料(リンク)wikipedia】

ヒマラヤスギナギクスノキ

--

菅原道真公
天照皇大大神
応神天皇

--

神戸大空襲



[PR]
by shasou373 | 2018-06-20 00:03 | ■ 近畿地域

「社叢見守り隊」の調査報告を掲載しております。


by shasou373