多摩川浅間神社

神 社 名多摩川浅間神社

◎住   所〒145-0071 東京都大田区田園調布1-55-12

◎調査月日:2018(平成30)年2月3日(土)


◎由来など:

文治年間(1185〜9)源頼朝は豊島郡滝野川松崎に出陣した。頼朝の妻政子は夫の身を案じ、多摩川の畔まできた。わらじの傷を治し、傷の治るまで附近を散歩するうちに亀甲山に登ると富士山が見える。富士吉田には自護本尊の浅間神社がある。政子は彼方の浅間神社に頼朝の武運長久を祈り、身につけた正観音像をこの丘に建てた。村人は像を富士浅間大菩薩と呼ぶようになったという。

(「大田区の神社」より)

江戸時代には下沼部村の鎮守となっており、太平洋戦争終戦まで村社に列格、1909(明治42)年に近隣にあった赤城神社を合祀している。


◎祭神など:

木花咲耶姫命


◎空間位置・面積等・植生など:

台地上の古墳群の端にあり、前方後円墳の後円の上に鎮座されている。参拝者も多く見られ、社殿も立派であった。浅間神社なので「冨士塚」形式になっていて樹林はよく手入れされている。背景には公園化した古墳群が控えており杜が続いているようになっている。社殿の周りにはクスノキの大径木が多いが、自然植生と思われるアカガシがあちこちに見られる。


▼樹木配置図

参拝者も多く、社叢も十分に保全されると判断して特に記録は無し。

d0361999_10465554.jpg

d0361999_10465124.jpg

▼地図(多摩川浅間神社へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】

クスノキアカガシ

--

木花咲耶姫命
[PR]
by shasou373 | 2018-02-03 00:06 | ■ 関東地域

「社叢見守り隊」の調査報告を掲載しております。


by shasou373