太子堂八幡神社

◎神 社 名 :太子堂八幡神社

◎住  所:〒154-0004 東京都世田谷区太子堂5-23-5

◎調査月日:2017(平成29)年6月3日(土)


◎由来など:

太子堂八幡神社の創建年代は不詳だが、太子堂が草庵として創建された頃(年代不詳)、或いは太子堂村が興左衛門により新田開墾された天正年間(1573-1591)頃、創建したと推定される。


◎祭神など:

・誉田別命(ホンムタワケノミコト)


空間位置・面積等・植生など:

台地の斜面に建立されており、禁足地もあり、今後更新可能な社叢である。禁足地の中にはケヤキやクスノキシイ類などの大径木もあり、異樹齢の樹種もあるようだ。

境内にはシラカシ、アカガシ、スダジイなどの常緑広葉樹にケヤキやムクノキ、エノキなどの落葉樹もあり、このあたりの植生を示している。最下位段は公園になっており、上記の樹種以外にスギなどの植林がなされているが境内とは斜面と瑞垣で区別されており、他に見られるような社叢地がが公園と化しているようなことにはならないようだ。

神木は社殿脇のクスノキの巨木である。また、世田谷区の「保護樹林地」に指定されているし、神職も「鎮守の森」維持に力を入れているようだ。


▼樹木配置図

d0361999_11180499.jpg


d0361999_11135689.jpg

d0361999_11165392.jpg
d0361999_11170853.jpg

▼地図(太子堂八幡神社へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】


・シラカシ
アカガシスダジイケヤキムクノキ

エノキクスノキシイカヤマテバシイクロマツ

ヒマラヤスギサクラミズキカヤ

--

誉田別命(応神天皇)



by shasou373 | 2017-06-03 00:03 | ■ 関東地域

「社叢見守り隊」の調査報告を掲載しております。


by shasou373