岩戸八幡神社

◎神 社 名 :岩戸八幡神社(いわとはちまんじんじゃ)

◎住  所:〒201-0005 東京都狛江市岩戸南2-8-2(旧岩戸村)

◎調査月日:2017(平成29)年5月6日(土)


◎由来など:

鶴岡八幡宮の御神體を懸けた永禄元年(1558)の相撲で勝った当地の勇士秋元仁左衛門が、岡八幡宮の御神体を当所に持ち帰り、八幡神社を勧請したと伝えられる。

江戸時代には岩戸村の鎮守社に定められ、明治4年には村社に列格、明治37年、字宿屋敷の駄倉明神、字古屋敷の神明社を合祀した。


◎祭神など:

・応神天皇(オウジンテンノウ)


空間位置・面積等・植生など:

瑞垣に囲まれて一段高くなっている境内である。

鳥居のそばのオオカヤが神木なのは納得できる。また、社殿に向かって左手には太めの立木が並んでいるが、社務所側には樹木はなく、社叢としては不十分である。

また、正殿の裏側には社叢がないが、ケヤキやシラカシ群からかっては社叢の存在をうかがわせる。


▼樹木配置図

d0361999_09330568.jpg


カヤシラカシケヤキモミジヤマザクラヒサカキイチョウ


d0361999_09335239.jpg

d0361999_09383969.jpg


▼地図(岩戸八幡神社へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】

応神天皇




by shasou373 | 2017-05-06 00:06 | ■ 関東地域

「社叢見守り隊」の調査報告を掲載しております。


by shasou373