湯島天満宮

◎神 社 名 :湯島天満宮(ゆしまてんまんぐう)

◎住  所:〒113-0034 東京都文京区湯島3-30-1

◎調査月日:平成29年1月7日(土)


◎由来など:

正平10年(1355)2月郷民が菅公の御偉徳を慕って創建した。

文明10年(1478)太田道灌により修造、天正19年(1591)には徳川家康から朱印地5石を与えられる。江戸時代に入ってからは富くじでも有名になり、上野感應寺(現天王寺)、目黒不動龍泉寺 と共に、江戸の三富と称されていた。東都七福神の一つ。

「猫のあしあと」HP一部引用)


◎祭神など:

・菅原道真公(スガワラノミチザネ)

・天之手力雄命(アメノタヂカラオ)


空間位置・面積等・植生など:

有名な神社なので参拝客も多く、設備も整っている。社殿は南向きである。樹木としては拝殿の右手にクスノキが手厚く保護されている。

梅類は多数の品種の植栽が庭園や社殿の周囲にあるようで、この時期でも開花している個体もあった。

いわゆる社叢と言うものはない。



d0361999_13112239.jpg

▼地図(湯島天満宮へのアクセス)




【参考資料(リンク)wikipedia】

クスノキ

--

菅原道真公

天之手力雄命

富籤(富くじ)


[PR]
by shasou373 | 2017-01-07 00:01 | ■ 関東地域

「社叢見守り隊」の調査報告を掲載しております。


by shasou373