タグ:愛宕神社 ( 3 ) タグの人気記事

愛宕神社(さいたま市)

◎神 社 名 :愛宕神社(あたごじんじゃ)

◎住  所:〒337-0033 埼玉県さいたま市見沼区御蔵1167

◎調査月日:2017(平成29)年4月1日(土)


◎由来など:

創建不詳。

御蔵愛宕神社の創建年代等は不詳ながら、「埼玉の神社(埼玉県神社庁)」神明神社(御蔵)項によると、太田道灌の金蔵が「蔵の敷台」と呼ばれる所に建てられ、この蔵の火防の神として蔵の前に愛宕神社を祀ったとも伝えられるという。江戸期には主として御蔵村分の鎮守として祀られていたが、江戸末期頃より神明神社(御蔵)に合祀した形となったという。

「猫のあしあと」HPより)


◎祭神など:

・天照皇大神(アマテラスオオミカミ)


空間位置・面積等・植生など:

「算額」のある神社で、以前はこんもりした森に囲まれていたが、かなり樹木が伐採されていて社殿がぽつんとある状態であった。東向きの社殿であるが、東の前面はかなりの大径木の伐採痕が何本も残っていた。氏子さんの話によると住宅が迫っていて陽当たりや落ち葉の苦情2回重なったのでかなりの費用をかけて伐採したとのこと。北側の残ったクヌギなどの高木は私有地なので伐採はしなかったとのこと。社殿の裏側(西側)にはシラカシが残されており何とか体裁を保っている状態であった。

社殿に向かって北側(右側)は昭和30年代まで神楽の舞台観覧席があった空き地であったらしく社叢はない。

現在は三室地区の先達を頼んで春のみ例大祭を簡単に取り組んでいるのが実情である。


▼樹木配置図


d0361999_10025398.jpg

シラカシクヌギ


d0361999_10012056.jpg

d0361999_10022372.jpg

▼地図(愛宕神社へのアクセス)



(地図中のYahoo Japanのロゴをクリックして頂くと、大きな地図でご覧頂けます)


【参考資料(リンク)wikipedia】

天照皇大神


[PR]
by shasou373 | 2017-04-01 00:02 | ■ 関東地域

愛宕神社(東京都)

◎神 社 名 :愛宕神社(あたごじんじゃ)

◎住  所:〒105-0002 東京都港区愛宕1-5-3

◎調査月日:平成29年3月4日(土)


◎由来など:

徳川家康公が江戸に幕府を開くにあたり江戸の防火・防災の守り神として将軍の命を受け創建した。

寛永11年(1634)には徳川家光の御前で、四国丸亀藩の曲垣平九郎盛澄が騎馬にて正面男坂(86段)を駆け上り、日本一の馬術の名人として名を馳せ、当社石段は「出世の石段」と呼ばれた他、桜田門外の変の際には水戸藩士の集合場所になったり、大政奉還後の江戸開城の際には勝海舟と西郷隆盛との会談場所になったりと、数多くの歴史の舞台となっている。

愛宕山は洪積層の丘陵地で、標高は26メートルである。頂上に愛宕神社がまつられ、江戸時代から信仰と見晴らしの名所としてにぎわった所である。

愛宕神社の祭神は火の神(火産霊神)が中心で、江戸時代には幕府の保護もあり、多くの人々から火伏せの神として信仰されてきた。今日のように周囲に高層ビルが立つまでは、山頂からの眺望がすばらしく、東京湾や房総半島までも望むことができた。

また、愛宕山には、男坂・女坂・新坂などの坂道があり、男坂は神社正面の急勾配の石段で、寛永年間に、曲垣平九郎がこの石段を馬で上下したと伝えられる。(港区教育委員会掲示より)


◎祭神など:

・火産霊神(ホノカグヅチノカミ)

・罔象女命(ミツハノメノカミ)

・大山祇命(オオヤマヅミノカミ)

・日本武尊(ヤマトタケルノミコト)


空間位置・面積等・植生など:

丘陵地の上の神社で階段脇の斜面にはスダジイ、ケヤキなどの樹木が多い。境内は狭いがソメイヨシノの古木が多くあるし、ケヤキ、クスノキ、カヤなどの高木類も見られる。

社殿背後にも斜面林としての自然植生とみられる樹木が多い。


▼樹木配置図


d0361999_15554215.jpg


スダジイケヤキソメイヨシノクスノキカヤ


d0361999_15561347.jpg

d0361999_15563583.jpg


▼地図(愛宕神社へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】

火産霊神

罔象女命

大山祇命

日本武尊


[PR]
by shasou373 | 2017-03-04 00:05 | ■ 関東地域

愛宕神社

◎神 社 名  愛宕神社(あたごじんじゃ)
◎住  所 〒652-0815 神戸市兵庫区三川口町1-2-17
◎調査月日 2017年2月8日(水)

◎由来など
元禄4年(1691)「兵庫津絵図」に社域が記されているので元禄以前の鎮座と思われる。
江戸時代に兵庫津の防火守護のため、山城国愛宕権現の御分霊を勧請した。

◎祭神など
・火産霊神(ホムスビノカミ)

◎周辺状況
第2種住居地域

◎境内面積
見た目 約400㎡

◎社叢の状況
公園のような。

◎社叢の見どころ
公園の樹木のように大径木あり。

          ▼樹木配置図

d0361999_11103913.jpg





















d0361999_11105860.jpg





d0361999_11112321.jpg


















▼地図(愛宕神社へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】



[PR]
by shasou373 | 2017-02-08 00:10 | ■ 近畿地域

「社叢見守り隊」の調査報告を掲載しております。


by shasou373