タグ:天満宮 ( 1 ) タグの人気記事

若林北野神社(天満宮)

◎神 社 名 :若林北野神社(わかばやしきたのじんじゃ)

◎住  所:〒154-0023 東京都世田谷区若林3-34-16

◎調査月日:2017(平成29)年6月3日(土)


◎由来など:

武蔵国深大寺の住僧長弁花光坊の「私案抄」には、1401(応永8)年に、ここで連歌法楽を興行したことが見え、当時ご神体は石で、石天神と称せられていたという。

江戸時代は牛に乗った天神が御祭神で牛天神といわれ、境内に井戸があり、白蛇が棲んでいると伝えられた。

虫歯の病気に霊験あらたかで、虫歯をやんだ時は天神に祈り、神殿の格子戸にさげた房楊子を借りて治療し、治ったならば新らしい房楊子をあげる習慣があったという。(『せたがや社寺と史跡』より)


◎祭神など:

菅原道真


◎空間位置・面積等・植生など:

天満宮なので社殿の周囲にウメが植栽されている。しかし、社叢とはいえないくらいの貧弱さだ。かって「マツ」の大径木があったようだが伐採されて樹幹が境内に放置されている。氏子組織がどうなっているのか聞き取りはできなかったが、あまり手は加えられてはいないようだ。



▼樹木配置図


d0361999_12430928.jpg


d0361999_13085412.jpg

▼地図(若林北野神社へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】

ウメマツサカキ

--

菅原道真

--

深大寺

--

【参考文献】

私案抄(国会図書館)


[PR]
by shasou373 | 2017-06-03 00:05 | ■ 関東地域

「社叢見守り隊」の調査報告を掲載しております。


by shasou373