タグ:八幡神社 ( 15 ) タグの人気記事

平野八幡神社

◎神 社 名 :平野八幡神社(ひらのはちまんじんじゃ)
◎住  所:〒651-2255 神戸市西区平野町慶明字宮山184
◎調査月日:2017年11月15日(水)

◎由来など:
白雉4年(653)9月15日、豊前国宇佐八幡宮より勧請創建された。
嘉祥元年(848)に社殿再建、相殿五柱を合祭。

◎祭神など:
・玉依姫命(タマヨリヒメノミコト)
・気長足姫命(オキナガタラシヒメノミコト)
・譽田別尊(ホムタワケノミコト)
・足仲彦尊(タラシナカツヒコノミコト)

◎周辺状況:
市街化調整区域、農耕地と郊外店/新興住宅地

◎境内面積:
約3,300㎡(宮司談)

◎社叢状況:
コナラ林からクロガネモチ、アラカシへの移行期にある社叢

◎社叢見所:
樹冠が連なる面積の有る社叢

          ▼樹木配置図

d0361999_14524920.jpg




















d0361999_14525453.jpg
































d0361999_14525840.jpg

















▼地図(平野八幡神社へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】

コナラクロガネモチクスノキアキニレ

カゴノキアベマキエノキアラカシ

カクレミノムクノキ

--

玉依姫命
足仲彦尊(仲哀天皇)


[PR]
by shasou373 | 2017-11-15 00:02 | ■ 近畿地域

本町八幡神社

◎神 社 名 :本町八幡神社

◎住  所:〒185-0012 国分寺市本町4-22-15

◎調査月日:2017平成29)年10月8日(日)


◎由来など:

本町八幡神社は、西武鉄道多摩湖線西際に配される神社で、線路際の市道に東面して参道を開き、突き当たりに旧本殿、拝殿跡、境内北辺に仮本殿、穀豊稲荷神社、御輿庫、子育弁天社、南辺は本町三・四児童公園として遊具等が整備されている。

この神社の来歴は昭和8(1933)年頃、現在地から200メートル程東方の本町三丁目に西元町の八幡神社を分祀したことに始まり、昭和261951)年になって現在地へ移転された。また、穀豊稲荷社は昭和231948)年、今村邸から寄贈を受けたものとされ、子育弁財天社は昭和481973)年、西武自動車車庫付近にあった和地邸宅にあった弁財天の寄贈を受けたものとされている。(「国分寺市有形文化財調査報告書(神社・寺院)」より)

昭和261951)年3月28日、規承第一四八号により神社本庁統理の承認を受け、国分寺市国分寺一六二四番地鎮座八幡神社の祭神八幡神社の祭神分祀を得鎮祭した。(北多摩神社誌より)


◎祭神など:

応神天皇


◎空間位置・面積等・植生など:

境内は広いが、社殿の周りには樹木があまりない。しかし、瑞垣に沿って大径木の樹木が多い。イチョウ、ソメイヨシノ、ケヤキなどを主体としているが戦後の移転とともに植栽されたと思われる。シラカシは自然植生かもしれない。また、若木や幼樹は、境内の清掃が過度にされているので全くないのが気にかかる。


 ▼樹木配置図

d0361999_10593481.jpg
d0361999_11003768.jpg
d0361999_11004302.jpg


▼地図(本町八幡神社へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】

ケヤキカヤイチョウサクラスダジイ

シラカシサカキソメイヨシノ

--

応神天皇


[PR]
by shasou373 | 2017-10-08 00:01 | ■ 関東地域

多井畑厄除八幡宮

◎神 社 名 :多井畑厄除八幡宮(たいのはたやくよけはちまんぐう)
◎住  所:〒654-0133 神戸市須磨区多井畑字宮ノ脇1
◎調査月日:2017(平成29)年8月31日(木)

◎由来など:
770(神護景雲4)年6月、疫病の流行を抑えるため畿内の国境十ケ所に厄神を祀って疫神はらいを行わせた所で、後に1175(安元元)年頃に石清水八幡宮より勧請。

◎祭神など:
・応神天皇(オウジンテンノウ)

◎周辺状況:
第1種住居地域

◎境内面積:
見た眼では23,800㎡(神社界誌 14,850㎡)

◎社叢の状況:
境内全域が若齢の森林

◎社叢の見どころ:
緑豊かでまとまった面積の森林環境

          ▼樹木配置図

d0361999_08363900.jpg

d0361999_08370162.jpg










d0361999_08372274.jpg





























▼地図(多井畑厄除八幡宮へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】

イチョウウバメガシヤマモモナナミノキ

--

応神天皇

--

石清水八幡宮



[PR]
by shasou373 | 2017-08-31 00:03 | ■ 近畿地域

板宿八幡神社 

◎神 社 名 :板宿八幡神社(いたやどはちまんじんじゃ)
◎住  所:〒654-0009 神戸市須磨区板宿町3-15-25
◎調査月日:2017(平成29)年7月5日

◎由来など:
菅原道真公が九州へ左遷された時の宿泊の後を保存するため、987(永延元)987年1月、菅公と八幡大神を鎮守神として創祀され、さらに明神町に鎮座していた池ノ宮明神を明治40年に合祀した。

◎祭神など:
・誉田別尊(ホムタワケノミコト)
・菅原道真公(スガハラノミチザネコウ)
・大日孁貴命(オオヒルメノミコト)

◎周辺状況:
第1種中高層住居専用地域

◎境内面積:
9,768㎡(兵庫県神社界誌)
 
◎社叢の状況:
境内の四方を自然林に囲まれ、本殿が社叢の中に鎮座している。

◎社叢の見どころ:
クスノキの神木と菅公飛松

          ▼樹木配置図

d0361999_10254565.jpg


d0361999_10260420.jpg


















d0361999_10262223.jpg














▼地図(板宿八幡神社 へのアクセス)


【参考資料(リンク)wikipedia】
--

[PR]
by shasou373 | 2017-07-05 00:02 | ■ 近畿地域

射場八幡神社

◎神 社 名 :射場八幡神社(いばはちまんじんじゃ)
◎住  所:〒653-0022 神戸市長田区東尻池町1-14-4
◎調査月日:2017年6月6日(火)

◎由来など:
807(大同2)年に宇佐八幡宮を勧請

◎祭神など
・誉田別命(ホンダワケノミコト)
・素戔嗚尊(スサノオノミコト)

◎周辺状況:
準工業地域

◎境内面積:
見た目 約230㎡

◎社叢の状況:
常緑樹

◎社叢の見どころ:
常緑樹

          ▼樹木配置図
d0361999_09505676.jpg
d0361999_09511458.jpg

d0361999_09513074.jpg


▼地図(射場八幡神社へのアクセス)


【参考資料(リンク)wikipedia】
--
--

[PR]
by shasou373 | 2017-06-06 00:01 | ■ 近畿地域

太子堂八幡神社

◎神 社 名 :太子堂八幡神社

◎住  所:〒154-0004 東京都世田谷区太子堂5-23-5

◎調査月日:2017(平成29)年6月3日(土)


◎由来など:

太子堂八幡神社の創建年代は不詳だが、太子堂が草庵として創建された頃(年代不詳)、或いは太子堂村が興左衛門により新田開墾された天正年間(1573-1591)頃、創建したと推定される。


◎祭神など:

・誉田別命(ホンムタワケノミコト)


空間位置・面積等・植生など:

台地の斜面に建立されており、禁足地もあり、今後更新可能な社叢である。禁足地の中にはケヤキやクスノキシイ類などの大径木もあり、異樹齢の樹種もあるようだ。

境内にはシラカシ、アカガシ、スダジイなどの常緑広葉樹にケヤキやムクノキ、エノキなどの落葉樹もあり、このあたりの植生を示している。最下位段は公園になっており、上記の樹種以外にスギなどの植林がなされているが境内とは斜面と瑞垣で区別されており、他に見られるような社叢地がが公園と化しているようなことにはならないようだ。

神木は社殿脇のクスノキの巨木である。また、世田谷区の「保護樹林地」に指定されているし、神職も「鎮守の森」維持に力を入れているようだ。


▼樹木配置図

d0361999_11180499.jpg


d0361999_11135689.jpg

d0361999_11165392.jpg
d0361999_11170853.jpg

▼地図(太子堂八幡神社へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】


・シラカシ
アカガシスダジイケヤキムクノキ

エノキクスノキシイカヤマテバシイクロマツ

ヒマラヤスギサクラミズキカヤ

--

誉田別命(応神天皇)



[PR]
by shasou373 | 2017-06-03 00:03 | ■ 関東地域

弓場八幡神社

神 社 名 :弓場八幡神社(ゆみばはちまんじんじゃ)

住  所:〒654-0036 神戸市須磨区南町3-2-11

調査月日:2017(平成29)年5月10日(水)


由来など:

不詳。

一説に永延年間(987~989)第66代一條天皇の御代に創建されたと伝えられる。明治中期頃に権現社・天満宮を境内末社として奉斎。

昭和29年にその御祭神である五十猛尊・菅原道真公を合祀した。


例祭:

・蔵旦祭(1月1日)

・厄除祭(1月18~20日)

・初午祭(2月初午の日)

・春季例大祭(4月3日)、

・月例祭(毎月1日・15日)

・地蔵盆(8月23日)

・例大祭(10月15日)


祭神など:

・誉田別尊(ホムタワケノミコト)

・五十猛尊(イソタケルノミコト)

・菅原道真公(スガハラノミチザネコウ)

・境内社:弓瀧稲荷大明神(倉稲魂命)


空間位置・面積等・植生など:

・用途地域/第1種中高層住居専用地域

・立地/平地、住宅地

・面積/約460㎡

標高:15.5m


◎社叢の状況(植生など)

【樹冠が面的に広がった樹林地】 なし

 D20-50:5本


【胸高直径20 cm以上の樹木および神木・特徴のある樹木等】


d0361999_16333698.jpg

d0361999_16584194.jpg

d0361999_16585453.jpg

*象の鼻のシワのような模様が木肌にあれば、その樹木はエノキだった、物知りになったなぁ。

その他の所感:

・弓を引いたのはどこだろうか?

阪神大震災で損傷を受けた玉垣や社務所が改修されていて地元の方の心の支えになっているのだと改めて思った。


▼地図(弓場八幡神社へのアクセス)




(地図中のYahoo Japanのロゴをクリックして頂くと、大きな地図でご覧頂けます)


【参考資料(リンク)wikipedia】

クスノキエノキ

--

一條天皇

誉田別尊(応神天皇)

菅原道真公

倉稲魂命


[PR]
by shasou373 | 2017-05-10 00:11 | ■ 近畿地域

岩戸八幡神社

◎神 社 名 :岩戸八幡神社(いわとはちまんじんじゃ)

◎住  所:〒201-0005 東京都狛江市岩戸南2-8-2(旧岩戸村)

◎調査月日:2017(平成29)年5月6日(土)


◎由来など:

鶴岡八幡宮の御神體を懸けた永禄元年(1558)の相撲で勝った当地の勇士秋元仁左衛門が、岡八幡宮の御神体を当所に持ち帰り、八幡神社を勧請したと伝えられる。

江戸時代には岩戸村の鎮守社に定められ、明治4年には村社に列格、明治37年、字宿屋敷の駄倉明神、字古屋敷の神明社を合祀した。


◎祭神など:

・応神天皇(オウジンテンノウ)


空間位置・面積等・植生など:

瑞垣に囲まれて一段高くなっている境内である。

鳥居のそばのオオカヤが神木なのは納得できる。また、社殿に向かって左手には太めの立木が並んでいるが、社務所側には樹木はなく、社叢としては不十分である。

また、正殿の裏側には社叢がないが、ケヤキやシラカシ群からかっては社叢の存在をうかがわせる。


▼樹木配置図

d0361999_09330568.jpg


カヤシラカシケヤキモミジヤマザクラヒサカキイチョウ


d0361999_09335239.jpg

d0361999_09383969.jpg


▼地図(岩戸八幡神社へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】

応神天皇




[PR]
by shasou373 | 2017-05-06 00:06 | ■ 関東地域

小足立八幡神社

◎神 社 名 :小足立八幡神社(こだちはちまんじんじゃ)

◎住  所:〒201-0001 東京都狛江市西野川2-33-1 (旧小足立村)

◎調査月日:2017(平成29)年5月6日(土)


◎由来など:

創建年代は不詳ですが、小足立村の鎮守社であったといい、明治4年には村社に列格していた。


◎祭神など:

・品陀和気大神(ホンダワケノオオカミ)


空間位置・面積等・植生など:

ちょうど例祭で地元の氏子さんに実情を聞くことができた。


①氏子組織は健在で100軒を超える。旧村時代から続いている。

②社殿周囲の樹木は高くなりすぎ、落ち葉や枯れ枝の周囲に及ぼす影響を考えて樹木の上部を切断した。

 費用は100万円単位だった。

③神楽殿などを造成した。


社叢としては成立していず、立木のみである。


▼樹木配置図


d0361999_16503666.jpg


ヒノキイヌシデシラカシヒサカキイチョウケヤキ


d0361999_16511065.jpg

d0361999_16513829.jpg


▼地図(小足立八幡神社へのアクセス)




【参考資料(リンク)wikipedia】

品陀和気大神(応神天皇)


[PR]
by shasou373 | 2017-05-06 00:02 | ■ 関東地域

御崎八幡神社

◎神 社 名 御崎八幡神社(みさきはちまんじんじゃ)
◎住  所〒652-0852 神戸市兵庫区御崎本町1-1-49
◎調査月日2017年3月1日

◎由来など
当地は1945(昭和20)年3月17日の神戸大空襲で焼け野原となった地域。

◎祭神など:
・応神天皇(おうじんてんのう)
・神功皇后(じんぐうこうごう)
・姫大神(ひめおおみかみ)

◎周辺状況:
工業地域

◎境内面積
見た目 約500㎡

◎社叢の状況
境内の道路側に樹木がある

◎社叢の見どころ
常緑樹

           ▼樹木配置図


d0361999_13521614.jpg


























d0361999_13523852.jpg






d0361999_13525217.jpg


























▼地図(御崎八幡神社へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】

応神天皇
神功皇后
姫大神(比売神)


[PR]
by shasou373 | 2017-03-01 00:01 | ■ 近畿地域

「社叢見守り隊」の調査報告を掲載しております。


by shasou373