タグ:久伊豆神社 ( 4 ) タグの人気記事

砂原久伊豆神社

◎神 社 名 :砂原久伊豆神社(すなはらひさいずじんじゃ)

◎住  所:〒343-0803 埼玉県越谷市砂原1435

◎調査月日:平成29年2月4日(土)


◎由来など

創建の時期は天正元年(1573)とされる。

砂原村は前原地区が稲荷神社、当社は東組の鎮守として祀られてきた。

大正2年に前原地区の稲荷神社が合祀された。昭和18年に村社となる。


◎祭神など

・大己貴(おおなむち)命

・倉稲魂(うかのみたま)神


◎空間位置・面積等・植生など

境内の南半分は公民館などの町会用になっている。

鳥居側から遠望すると本殿の周りはかなりの大径木で被われているように見えるが、手前にムクノキ、シラカシ、イヌマキ、モミなどが立木としてあるのみで、本殿左右の奥は比較的若年(径20~30)のスギ、ヒノキの植林である。

また、本殿裏手は水路の改修工事の際、植生が隣の農家の屋敷林ともに破壊されたようで何もなく工事跡が痛々しい。

社叢としては疑問が残る。

ムクノキシラカシイヌマキモミスギヒノキ



d0361999_16245265.jpg

d0361999_16250767.jpg

▼樹木配置図


d0361999_16252426.jpg

▼地図(砂原久伊豆神社へのアクセス)


(地図中のYahoo Japanのロゴをクリックして頂くと、大きな地図でご覧頂けます)

【参考資料(リンク)wikipedia】


[PR]
by shasou373 | 2017-02-10 00:06 | ■ 関東地域

小曽川久伊豆神社

◎神 社 名小曽川久伊豆神社(おそがわひさいずじんじゃ)

◎住  所〒343-0802 埼玉県越谷市小曽川434

◎調査月日平成29年2月4日(土)


◎由来など

創建の時期は元禄元年(1688)6月11日とされる。

江戸時代は小曽川村と砂原村の鎮守として祀られてきた。

明治に当社は村社となり明治45年に天神社と道祖神社を合祀した。


◎祭神など

・大己貴(おおなむち)命


◎空間位置・面積等・植生など

幹線道路の脇にあるが、遠景はこんもりとした社叢に見えて、なんとか体裁を保っている。

基本的にはスギ、ヒノキの植林だが径30㎝以下のものが多いので年数はあまりたっていないと思われる。本殿の裏手に密植がある。

それ以前の樹木はムクノキやツバキが勝手の植生を物語っているし、植栽だろうがカヤ、イチョウやイヌマキ(ラカンマキ?)に見るべき樹木がある。

スギヒノキムクノキツバキカヤイチョウイヌマキ


d0361999_16194952.jpg

d0361999_16201153.jpg

▼樹木配置図

d0361999_16202467.jpg


▼地図(小曽川久伊豆神社へのアクセス)


(地図中のYahoo Japanのロゴをクリックして頂くと、大きな地図でご覧頂けます)

【参考資料(リンク)wikipedia】

[PR]
by shasou373 | 2017-02-10 00:05 | ■ 関東地域

野島久伊豆神社

◎神 社 名 野島久伊豆神社(のじまひさいずじんじゃ)

◎住  所〒343-0801 埼玉県越谷市野島261

◎調査月日平成29年2月4日(土)


◎由来など

創建の時期は不明。野島村の鎮守として祀られてきた。

明治6年に村社となり、明治40年に熊野社を合祀した。


◎祭神など

大己貴(おおなむち)命

別電(わけいかずち)命

くらおかみ命

伊弉冉(いざなみ)命

速玉男(はやたまのお)命

事解男(ことさかのお)命


◎空間位置・面積等・植生など

比較的長い参道が残っており、東側にはケヤキが4本ほど植栽されている。

すでに径30~40㎝ぐらいなのであたりが切り開かれてから20~30年はたっているかもしれない。

また西側にはスギの植林で本殿脇まで続いている。スギ林の林床にはシュロの幼樹が一面に生えており、あえて残しておいてあるような気配がする。

ケヤキやスギはほとんど同時に植栽されているようだ。

参道の入り口にはハンノキとイヌマキが残されている。以前の植生は不明である。

ケヤキスギシュロケヤキハンノキイヌマキ



d0361999_16414434.jpg

d0361999_16415901.jpg

▼樹木配置図


d0361999_16422868.jpg

▼地図(野島久伊豆神社へのアクセス)


(地図中のYahoo Japanのロゴをクリックして頂くと、大きな地図でご覧頂けます)


【参考資料(リンク)wikipedia】

[PR]
by shasou373 | 2017-02-10 00:04 | ■ 関東地域

袋山久伊豆神社

◎神 社 名 :袋山久伊豆神社(ふくろやまひさいずじんじゃ)

◎住  所:〒343-0032 埼玉県越谷市袋山341

◎調査月日:平成29年2月4日(土)


◎由来など

創立の年代は慶長5年(1600年)。

江戸時代は袋山村の鎮守は雷電社となっていたが、明治になり当社が村社となり、明治40年に、雷電社と2つの稲荷社が合祀された。


◎祭神など

・大国主(おおくにぬし)命(大国様)


◎空間位置・面積等・植生など

新興住宅地の中にあり、他の住宅地内の神社と同様な陽当たり、落ち葉問題などで参道の樹木の伐採などが進んでいた。

参道には針葉樹(スギ、ヒノキ?)の切り株があった。

氏子総代の方に会いそのようなお話を伺う。立木のみになっているが本殿の背後をスダジイ、コノテガシワで整えようとしているのは評価できるのではないだろうか。

社殿の右側はかってはスギヒノキ林だったと想像できるが、自治会関係の建物、児童公園になっている。

スギヒノキスダジイコノテガシワ


d0361999_16292633.jpg

d0361999_16294693.jpg

▼樹木配置図


d0361999_16302385.jpg

▼地図(袋山久伊豆神社へのアクセス)


(地図中のYahoo Japanのロゴをクリックして頂くと、大きな地図でご覧頂けます)

【参考資料(リンク)wikipedia】

[PR]
by shasou373 | 2017-02-10 00:01 | ■ 関東地域

「社叢見守り隊」の調査報告を掲載しております。


by shasou373