(車)大歳神社

◎神 社 名 (車)大歳神社(くるまおおとしじんじゃ)
◎住  所 〒654-0111 神戸市須磨区車字松ヶ原551
◎調査月日 2017(平成29)年7月26日(水)

◎由来など
(創建・由緒)二説あり、由緒は共に不詳。
 1.大化2年(646)に創建された。
 2.応永4年(1397)6月19日摂津国八部郡丹生郷より遷座されたと伝わる。

◎祭神など
・大歳御祖神(オオトシミオヤノカミ)

◎周辺状況
・第1種低層住居専用地域、丘陵地斜面、旧農耕地

◎境内面積
見た眼約1,400㎡(神社界誌139㎡)(武庫郡誌1,386㎡)

◎社叢の状況
落葉樹が多く明るい境内、入口と奥の常緑樹神木が存在感を示す。

◎社叢の見どころ
社殿を囲む自然体の社叢にそよぐ風

▼樹木配置図


d0361999_10151929.jpg

d0361999_10154516.jpg


d0361999_10174126.jpg

▼地図(大歳神社へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】

大歳御祖神(神大市比売)


[PR]
# by shasou373 | 2017-08-07 13:26 | ■ 近畿地域

五社神社

神 社 名 :五社神社(ごしゃじんじゃ)
◎住  所:〒654-0121 神戸市須磨区妙法寺字毘沙門山1287
◎調査月日:2017(平成29)年7月26日(水)

◎由来など:
聖武天皇の御代、天平十年(738)三月、僧行基がこの地に毘沙門山妙法寺を開創の節、同寺の鎮として創祀された。

◎祭神など:
天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)
高皇産霊神(タカミムスビノカミ)
神皇産霊神(カムミムスビノカミ)
伊邪那岐神(イザナギノカミ)
伊邪那美神(イザナミノカミ)

◎周辺状況:
第1種中高層住居専用地域、山間の妙法寺川に近い寺院の境内。

◎境内面積:
見た眼では30~40㎡

◎社叢の状況:
神社の東側から「もうそうちく」の侵入が見られる。

◎社叢の見どころ:
ムクロジ2本を含めてこんもりとした社叢の雰囲気がとても良い。

▼樹木配置図
d0361999_09420868.jpg

d0361999_09440907.jpg
d0361999_09453540.jpg


▼地図(五社神社へのアクセス)


【参考資料(リンク)wikipedia】


[PR]
# by shasou373 | 2017-07-26 00:03 | ■ 近畿地域

◎神 社 名  (北向)八幡神社(那須神社)
◎住  所 〒654-0121 神戸市須磨区妙法寺字宮ノ下54-1
◎調査月日 2017(平成29)年7月26日(水)

◎由来など

(創建・由緒)創建は不詳。

一の谷の合戦の時、那須与一宗隆が源義経に命ぜられてこの北向八幡神社を参拝し、自らの守護神ととして崇め武運を全うしたと伝える。

大正十年(1921)与一を祀る那須神社を勧請。

一の谷の合戦

◎祭神など
「北向八幡神社」

・応神天皇(オウジンテンノウ)
・大神宮「天照大御神」(アマテラスオオカミ)
・春日宮「春日大明神」(カスガダイミョウジン)

「那須神社」

・那須与一宗隆公


◎周辺状況

・第1種低層住居専用地域、山地の集落、寺院隣接

◎境内面積

見た眼で約1,000㎡(武庫郡誌1,086㎡)


◎社叢の状況

表参道の斜面地にアラカシ林


◎社叢の見どころ

山腹斜面下部の集落の中の神社・寺院・墓所とその社叢、及びそれらを守る旧住民


▼樹木配置図


d0361999_10103542.jpg


d0361999_10111664.jpg

d0361999_10113788.jpg


▼地図(八幡神社/那須神社へのアクセス)



【参考資料(リンク)wikipedia】

応神天皇
天照大御神
春日大明神(春日権現)

那須与一宗隆公


[PR]
# by shasou373 | 2017-07-26 00:02 | ■ 近畿地域

「社叢見守り隊」の調査報告を掲載しております。


by shasou373